お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

健康診断で引っかかったら最初に読むマンガ

シリーズ別記事一覧

【マンガで解説!糖尿病③】 糖尿病は予防できる! まずはどの数値を見ればいい?

糖尿病予防のために「血糖値」と「HbA1c」の数値を把握しよう糖尿病を予防するには、健康診断での数値のチェックが大切です。そこで知っておきたいのが「血糖値」と「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」のこと。血糖値なら知っているけど、HbA1cは知らない……という人もいるかもしれません。イシ先生の解説を読んで糖尿病の予防に役立てましょう。イシ先生のひとこと血糖は食事の影響を受けるのに対して、HbA1cはだいたい2カ月ぐらいの血糖を反映するので、直前の食事の影響を受けにくい糖尿病の指標として検査でよく利用されています。まとめ糖尿病を予防するには、健康診断を受けて「血糖値」と「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の値をチェックしてください。血糖値を見ることで「血糖値が高いかどうか」、HbA1c値で「それが続いていないか」を見ています。空腹時の血糖値が126㎎/dL以上、HbA1cの値が6.5%以上などの検査結果と問診結果を総合して糖尿病を判断します。2型糖尿病の治療法は、運動療法、食事療法、薬物療法の3つです。糖尿病は初期の段階なら生活習慣を正せば元の数値に戻せるので、健康診断での数値の確認を欠かさないようにしましょう。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.9.17

【マンガで解説!糖尿病②】 糖尿病は糖が血管を傷つける恐ろしい「血管病」!

食べすぎが内蔵や血管をいじめている? これが糖尿病のメカニズム「国民病」と言われる糖尿病ですが、実態は恐ろしい「血管病」。ごはんの食べすぎがどのように血管や内蔵を痛めつけているのでしょうか?イシ先生にわかりやすく説明してもらいます。イシ先生のひとことインスリンの作用が十分に発揮できない状態を「インスリン抵抗性」といいます。原因としては、遺伝、肥満、運動不足、高脂肪食、ストレスなどが挙げられます。まとめ糖尿病は血糖値(血液中の糖の割合)が高い状態が続くことです。99mg/dL以下なら正常ですが、100~125㎎/dLなら要注意、126㎎/dL以上は異常となります。血糖値が高い状態が続くと、インスリンの量が減少して血糖値を下げることができなくなり、血管が「砂糖漬け」の状態になって動脈硬化が進行します。血管の障害が網膜で起これば失明につながり、腎臓で起これば腎不全を引き起こします。糖尿病には遺伝も関係しています。両親のどちらかが糖尿病なら注意が必要です。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.9.10

【マンガで解説!糖尿病①】 患者数は増加傾向! 糖尿病を放置するとどうなる?

自覚症状がなくても糖尿病を放置していてはいけない理由とは?国内の患者数が1000万人を超えて、もはや「国民病」とも言われる糖尿病。実は恐ろしい血管病ですが、初期は自覚症状がまったくないので知らない間に進行することも。糖尿病を放置すると、QOL(生活の質)に大きく影響する重い病気に発展しかねません。その恐ろしさをイシ先生が解説します。イシ先生のひとこと1型糖尿病は自己免疫疾患などが原因で、インスリン分泌細胞が破壊されて引き起こされるものです。2型は遺伝的要因に食べすぎや運動不足などの生活習慣が重なって発症します。まとめ糖尿病は、初期の頃は自覚症状がないため気づきにくいのですが、放置すると大きな病気を引き起こす可能性があります。糖尿病には、免疫の異常が原因の1型と生活習慣が主な原因の2型がありますが、2型が患者数の9割以上を占めます。糖尿病が進行すると、足などが腐る壊疽(えそ)、腎臓の機能が低下する腎不全、失明などが起こりえます。糖尿病は初期のうちに手を打つことが大切です。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.9.3

【マンガで解説!高血圧③】高血圧だとわかったら誰に相談するべき?

高血圧だとわかっても大きな病院に行けばいいわけではない?高血圧の発症に深くかかわっているのが、生活習慣です。原因は一つではありませんが、高血圧だとわかったら、まずは生活習慣を改めなければいけません。誰に相談すればいいのか、イシ先生に解説してもらいます。イシ先生のひとこと日本人の高血圧の大部分は食塩の過剰摂取などが原因の本態性高血圧ですが、それ以外に甲状腺や副腎などの病気が原因で高血圧を起こす二次性高血圧があります。まとめ高血圧は日頃の生活習慣や加齢、ほかの疾患などの要素が絡み合って発症します。高血圧だとわかったら、まずは大きな病院ではなく、持病や生活習慣をよく知っている「かかりつけ医」に相談してください。ほかの病気や治療が原因で高血圧になることも。その場合、医師とも相談して原因の病気を治療しましょう。文:Open Doctors編集部作画:ぐっちぃ監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.8.27

【マンガで解説!高血圧②】塩分、喫煙、加齢……高血圧の原因って何?

高血圧の原因はたくさん! 自分が高血圧かどうかを把握しよう高血圧の原因は、塩分、喫煙、加齢など、たくさんあります。どんな原因があるのかを把握した上で、自分が高血圧かどうかを常に意識しましょう。イシ先生に詳しく解説してもらいます。イシ先生のひとこと高血圧の主な原因は食塩の過剰摂取です。日本高血圧学会は、高血圧患者における減塩目標を1日6g未満にすることを推奨しています。麺類の汁を残せば2~3g減塩できます。まとめ高血圧を引き起こす原因は、塩分の過剰摂取、過度の飲酒、喫煙、ストレス、加齢、肥満などです。正しい血圧を知るには、家庭で決まった時間に血圧を測る習慣をつけましょう。血圧は朝と夜に2回ずつ測って平均値を記録し、週に5日以上は測りましょう。数値が高ければ、主治医に見せて相談してください。文:Open Doctors編集部作画:ぐっちぃ監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.8.20

【マンガで解説!高血圧①】高血圧が「殺し屋」と呼ばれる理由とは?

自覚症状のない高血圧は放置すると大変なことに!高血圧は自覚症状もほとんどないため、危機感を持っていない人が多いかも知れませんが、実際は「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも言われる恐ろしい病気です。イシ先生に詳しく教えてもらいましょう。イシ先生のひとこと高血圧は血管に高い圧力をかけるため、血管の内側の薄い膜に傷がつき、血栓ができやすくなって、動脈硬化を起こします。動脈硬化が進むと、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。まとめ最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合、高血圧と診断されます。高血圧が「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれるのは、自覚症状のないまま放置すると命にかかわる重い病気を引き起こすことがあるからです。高血圧になると動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞などの発症リスクが高まります。文:Open Doctors編集部作画:ぐっちぃ監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.7.31

【マンガで解説!コレステロール③】薬で数値を下げるだけでは解決にならない!

薬を飲むことと同じぐらい大切なこととは?LDLコレステロールの数値が高い場合、病院で薬を処方されることがありますが、薬さえ飲めばいいというわけでありません。薬をもらった後も通院を続けなければいけない理由をイシ先生に教えてもらいましょう。イシ先生のひとこと食事管理には、バランスのよい食事をとること、飽和脂肪酸(肉・牛乳・バター・卵黄など)やコレステロールの摂取制限、食物繊維の摂取、食塩の制限、飲酒の制限などがあります。まとめ医師にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げる薬を処方されることがありますが、薬を飲めば何を食べても大丈夫ということではありません。LDLコレステロールの数値の異常は身体からのSOS。まずは生活習慣の見直しを行い、足りない部分を薬で補いましょう。定期的な通院で血液検査を欠かさず行い、生活改善の成果や薬との相性などを確認しましょう。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.7.16

【マンガで解説!コレステロール②】LDLコレステロールは無症状だからこそ危険!

「体に異常がないから病院に行かない」は大間違い!LDLコレステロールの値が高くても、体に異常はほとんど見られません。しかし、放置していると大変な病気を引き起こす可能性が……!イシ先生に詳しく教えてもらいましょう。イシ先生のひとこと動脈硬化は体のどこで起こってもおかしくありません。心臓の血管で起これば狭心症や心筋梗塞、頭の血管で起これば脳梗塞、足の血管で起これば閉塞性動脈硬化症になります。まとめLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の数値が高くても体に異常が出ないことがありますが、放置していると動脈硬化を引き起こす可能性があります。動脈硬化とは、血液中にLDLコレステロールが増えすぎて、血管に脂質(コレステロールなど)が沈着して動脈が硬くなったり、詰まりやすくなったりすることを指します。動脈硬化は、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの重い病気を引き起こす可能性があります。LDLコレステロールが基準値を超えていたら、必ず病院へ行ってください。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.7.9

【マンガで解説!コレステロール①】健康診断の「LDL-C」って何の値のこと?

LDLコレステロールが高くなると動脈硬化の原因に!健康診断で「LDL-C」という数値がありますが、何のことかご存知ですか? これはLDLコレステロール、つまり「悪玉コレステロール」のこと。悪玉コレステロールの数値が高いまま放置すると、動脈硬化のリスクが高まります。まずはLDLコレステロールの基本的な知識をイシ先生から学びましょう。イシ先生のひとこと遺伝的にコレステロールが高くなる病気を「家族性高コレステロール血症」といいます。ほぼ症状はありませんが、若いときから動脈硬化が進む可能性があるので注意が必要です。まとめLDLコレステロール(LDL-C)の通称は「悪玉コレステロール」。基準値は140㎎/dL以内とされているので、健康診断の結果が値を超えていたら要注意です。LDLコレステロールが血液中に増えすぎると動脈硬化の原因になります。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞など、命にかかわる重い病気を引き起こす危険性があります。食生活に気をつかっているのにLDLコレステロールの値が高い場合は、体質や遺伝がかかわっている可能性があるので、病院で医師に相談してください。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.7.3

【マンガで解説!動脈硬化③】動脈硬化のリスクを健康診断でチェックしよう

メタボは動脈硬化への一本道! チェックすべき項目とは?怖い心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化のリスクは、健康診断でチェックできます。健康診断でどんな数値をチェックすればいいのか、イシ先生から詳しく学びましょう。イシ先生のひとことメタボリックシンドロームはへそ周りのサイズだけでなく、脂質異常の数値などが基準となります。詳しくは「マンガで解説!中性脂肪とメタボ②」をご覧ください。まとめ健康診断の目的は「動脈硬化の進展を遅らせること」です。大きな病気を防ぐには、動脈硬化にならないことが大切です。動脈硬化のリスクについてチェックすべき項目は「脂質」「血圧」「血糖値」です。それぞれの数値が基準値を超えていないか確認してください。医療機関では、動脈硬化について詳しく調べる「頸動脈エコー検査」や「ABI/PWV検査」が受けられます。健康診断を活用してお医者さんに相談しつつ、生活習慣を改善しましょう。文:Open Doctors編集部作画:ぐっちぃ監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.6.25

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会