お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

人気記事ランキング

健康診断の一番の目的は「動脈硬化の進行を遅らせる」こと

健康診断では身体のいろいろな部分を検査しますが、もっとも重要な目的は「動脈硬化の進展を遅らせる」ことです。動脈硬化とは、動脈が肥厚して硬くなった状態のことを言います。動脈硬化によって引き起こされるさまざまな病態を動脈硬化症と呼びます。動脈をチクワのように縦切りにしてみましょう。動脈硬化がひどくなると、血管の内側にコレステロールが溜まってコブになります。これをアテローム硬化と言います。コブはだんだん内側にせり出してくるので、血液が流れにくくなります。川幅が狭くなると川の水が流れにくくなるのと一緒です。今度はチクワ(動脈)を輪切りにしてみます。血管の内側にコレステロールが溜まっているのがよくわかると思います。血液が流れるところが、これぐらい細くなってしまうこともあるのです。動脈は体中にはりめぐらされている血管です。ということは、身体のどこで動脈硬化が起こってもおかしくありません。動脈硬化が心臓の表面にある冠動脈で起こり、血液の流れが悪くなれば狭心症、コレステロールを覆っている膜が何かの拍子に破れて血液が固まり、冠動脈が詰まれば心筋梗塞になります。これが頭で起こると脳梗塞です。足の血管に動脈硬化が起これば、閉塞性動脈硬化症になります。足の血流が悪くなるため、長時間歩くと足が痛くなってしまい、休み休みでないと歩けなくなります。これらの原因はすべて、動脈硬化なのです。脳梗塞や心筋梗塞は命にかかわる病気です。リハビリも大変ですし、生活の質が低下する可能性も大きくなります。健康な生活をおくるには、動脈硬化を防がなければいけません。そのために非常に役に立つのが健康診断なのです。健康診断で行う、心電図、眼底検査、上腕動脈と足関節上部で測定する血圧の比、脈拍の触れ方、左右差、頸動脈エコーなどの検査結果によって、動脈硬化の進展具合がわかります。これらの検査については、あらためて別のコラムで説明していきますので、ぜひお読みください。また、動脈硬化の危険因子(原因)についても、あらためて解説します。健康診断とこの健診コラムを活用して、動脈硬化を防ぎましょう。

梅村 将就

2020.3.26

どのタイミングで打てばいいの?インフルエンザの予防接種の正しい接種法

毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。今年は季節性インフルエンザの流行の開始が過去10年で最も早いと言われています。厚生労働省の発表によると9月の時点で昨年同時期より患者数が8.7倍となっており、全国の小中学校では学級閉鎖が急増中。早急な対策が必要とされています。インフルエンザの予防手段といえば、もっともポピュラーなのが予防接種。ここでは、予防接種の正しい接種時期や回数、効果などをご紹介します。インフルエンザワクチンの正しい接種時期は「流行前」日本において、インフルエンザは例年12月~4月頃にかけて流行し、1月末~3月上旬にピークを迎えます。予防手段としては、インフルエンザワクチンの接種がポピュラーな方法の1つです。いわゆる予防接種は、「流行前」に行うのが望ましいとされています。理想は10月中、それが難しい場合も12月中旬までに接種しておくのがよいでしょう。今年は、流行期間が前倒しになっている傾向にあります。なるべく早めに予防接種を受けることをおすすめします。一方で、みなさんが早めに受けようとすると、需要の集中とワクチン在庫の偏りが生じて、一時的にワクチンの不足が起こることがあります。予防接種がまだの方は、近くの小児科に電話で在庫の確認をしておきましょう。昨年予防接種を受けたから、今年は必要ない?前年に予防接種をしたからといって、今年もその効果が持続するわけではありません。一般に、ワクチンの効果は6カ月程度たつと落ちてきます。また、流行するインフルエンザウイルスは毎シーズン少しずつ変異しているので、そのシーズンに流行が予想されるウイルスを用いて、インフルエンザワクチンも毎年作り変えられています。そのため、前年に予防接種を受けた方も、今シーズンの予防のためには今年の予防接種が必要です。予防接種をすれば、インフルエンザにはかからないの?予防接種をしたからといって、インフルエンザに絶対かからないわけではありません。しかし、発熱やのどの痛みなど、発病後の症状をやわらげることはわかっています。(*1)じつは、予防接種のもっとも大きな効果は、症状の重症化を防ぐことなのです。予防接種を受けた方がいい人は?とくにインフルエンザの予防接種が推奨されているのは、症状が重症化しやすい以下の方々です。65歳以上の高齢者ワクチンを接種した場合、死亡の危険が5分の1に、入院の危険が約3分の1から2分の1にまで減少することが期待できるとされています。(*2)生後6カ月~5歳未満の乳幼児予防接種をすると、おおむね20~60%の発病防止効果があるとされています。(*1)妊婦や心疾患、免疫不全など合併症リスクが高い方妊娠している方や、慢性心疾患、慢性肺疾患、糖尿病のある方、免疫不全状態にある方などは、インフルエンザによる合併症リスクが高くなっているため、とくに予防接種しておくことが望ましいとされています。(*3)インフルエンザワクチンの効果的な接種回数は?インフルエンザワクチンの適切な接種回数は、年齢によって異なります。13歳以上の方1回接種が原則です。ただし、医師が2回接種を必要と判断した場合はその限りではありません。13歳未満の方日本では2回接種が原則です。1~4週間隔で接種可能ですが、免疫効果を考慮すると4週間あけて接種するのがもっとも効果的と言われています。「任意接種」と「定期接種」の違い予防接種の受け方には以下の2種類があります。任意接種希望者が接種費用を自己負担して受けるものです。定期接種インフルエンザにかかると重症化しやすい方を対象にした、公費(一部自己負担あり)で受けられる予防接種です。対象者は以下のとおりです。(*1)(1)65歳以上の方。(2)60~64歳で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方(概ね、身体障害者障害程度等級1級に相当)。(3)60~64歳で、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方(概ね、身体障害者障害程度等級1級に相当)。予防接種が受けられる医療機関については、お住まいの市区町村(保健所・保健センター)、医師会、医療機関、かかりつけ医にお問い合わせください。参考文献(*1)インフルエンザQ&A - 厚生労働省(*2)インフルエンザ(総合ページ)65歳以上の皆様へ - 厚生労働省(*3)重篤化しやすい基礎疾患を有する者等について - 厚生労働省文:Open Doctors編集部

谷口 清州

2019.11.27

ノロウイルスに感染。消毒薬の作り方

食中毒を起こす原因には、ウイルス・細菌・自然毒・化学物質などがありますが、最も多いのがノロウイルスによるものです。1年を通して発生し、例年11月くらいから件数が増え始めます。ピークは12月から1月頃となり、学校や職場などで集団発生につながることがありますので注意が必要です。症状は? 子どもや高齢者は重症化のおそれも主な症状は吐き気・おう吐・下痢・腹痛であり、発熱は軽度です。潜伏期間は24~48時間で、発症から1~2日で症状はおさまります。(*1)健康な人は軽症で回復しますが、子どもや高齢者などは重症化しないよう注意が必要です。また、間接的ではありますが、おう吐物を誤って気道に詰まらせて死亡する例もみられます。感染経路は「人→人」「食品→人」の2つ感染経路は大きく分けると2つ。1つは、人から人への感染です。感染者のおう吐物や便の中に含まれるウイルスが手などに付着して起こる経口感染や、おう吐物による飛沫(ひまつ)感染にも注意が必要です。もう1つは、食品から人への感染です。感染者の調理したものを食べる、もしくはウイルスに汚染された二枚貝を、加熱が不十分な状態で食べるといったことによって感染します。予防のポイントはトイレのあと、調理の前便からのウイルスの排出は2週間以上続くことも。感染を防ぐためにも手洗いを徹底するようにしましょう。トイレを使用したあと、調理の前などは必ず手を洗ってください。石けんを使い30秒ほどこすり洗いし、水で流すことにより、ウイルスは大幅に減少します。(*2)指先や爪の間・手のしわは洗い残しの多い箇所なので、特に注意して洗いましょう。また、共用タオルで手を拭くのも避けてください。食品中のウイルスの感染力をなくすには一般的にウイルスは熱に弱く、85~90度で90秒間以上加熱すると感染力を失うとされています。(*3)感染報告の多い二枚貝でも、しっかりと加熱すればウイルスの脅威はなくなります。ワクチンはない 脱水症状に注意を現状、ノロウイルスにはワクチンがなく、治療は症状を軽減する対症療法のみです。つまり、下痢・嘔吐による脱水を補うための「水分補給」、そして「安静」により、症状がおさまるのを待つしかありません。おう吐物の正しい処理方法室内でおう吐などがあった場合は、二次感染を防ぐためにも必ず消毒が必要です。ただし、ノロウイルスの消毒は、殺菌目的の石けん(逆性石けん)はもちろん、アルコール(消毒用エタノール)では十分な効果が得られません。適切な道具をそろえ、正しいやり方で消毒しましょう。また、廃棄用のビニール袋にも塩素消毒液を入れておくとさらによいでしょう。なお、おう吐物は想像以上に遠くまで飛び散るので、広い範囲を消毒してください。消毒に必須となる「塩素消毒液」の作り方は次項で解説します。「塩素消毒液」の作り方次亜塩素酸ナトリウムを含む「塩素系漂白剤」と水で「塩素消毒液」を作ることができます。配合は、作りたい消毒液の濃度や、使用する漂白剤の濃度によって異なります。表を参考に漂白剤を希釈してください。台所用塩素系漂白剤(塩素濃度6%)を使う場合哺乳瓶用塩素系漂白剤(塩素濃度1%)を使う場合(*4)すみやかな特定が二次感染を防ぐおなかを下しただけでは深刻に考えずに学校や会社に行ってしまいがちですが、吐き気・おう吐・下痢・腹痛などの症状が強い人や、集団生活をする必要がある人、あるいは調理に従事する人などは、状況に応じて医療機関に相談しましょう。医療機関では「ノロウイルス抗原検査」が可能ですが、感染者の30%は無症候性とされていますので、流行期には常に手洗いを心がけてください。感染者を増やさないことが、巡り巡って自分の身を守ることにもなります。参考文献(*1)厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A(*2)東京都福祉保険局 防ごう!ノロウイルス感染(*3)厚生労働省 冬は特にご注意! ノロウイルスによる食中毒(*4)消毒液(塩素系漂白剤)の作り方 目黒区文:Open Doctors編集部

谷口 清州

2018.12.26

手足口病が流行中。子どもの三大夏風邪を解説

「真夏であっても、ちょっと油断すると子どもが熱を出してしまう」と悩んでいる親御さんも多いのでは? お子さんの目が赤く充血していたり、 「喉(のど)が痛い」と食事を拒んだりする場合は、もしかしたら冬にかかった風邪とはちょっと違うウイルスに感染しているかもしれません。夏に流行する「子どもの三大夏風邪」について、感染症の専門家である国立病院機構・三重病院 臨床研究部長の谷口清州先生に伺いました。「夏の風邪」と「冬の風邪」の違い━━ 夏に流行する風邪と冬に流行する風邪には、どんな違いがあるのでしょうか?一般的に「風邪は冬にひくもの」というイメージが強いですからね。風邪を引き起こすウイルスと流行時期について大まかに説明すると、9月から増加し始めるライノウイルス、それに続いて冬はRSウイルス、インフルエンザウイルス、コロナウイルスなどが流行します。そして、春にかけてヒトメタニューモウイルスが地域的に流行します。アデノウイルスやエンテロウイルスは一年中みられますが、夏から秋にかけてしばしば流行します。このアデノとエンテロ、2つのウイルスによる感染症が、いわゆる「夏風邪」と呼ばれるものです。「子どもの三大夏風邪」の特徴と共通点━━ 「子どもの三大夏風邪」とはどんな病気を指すのでしょう?多くの親御さんが悩まれる夏風邪というと、大きく分けて「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」「ヘルパンギーナ」「手足口病」の3つになるでしょう。・咽頭結膜熱咽頭結膜熱は、アデノウイルスによる感染症です。年間を通して発症しますが、初夏に流行することが多い疾患です。主な症状は高熱と、のどの痛み(咽頭炎)と目の充血(結膜炎)で、数日間続くことが特徴ですが、目の充血がないこともあります。アデノウイルスには60種類以上の型があり、それぞれで症状が異なることが知られています。例えば8・ 19・ 37型は流行性角結膜炎を起こします。・ヘルパンギーナヘルパンギーナの名前の由来は、口蓋垂(こうがいすい)、いわゆる「のどちんこ」の周囲の炎症を「アンギーナ」といい、そこにヘルペスのような水疱ができるので「ヘルパンギーナ」と呼ばれるようになりました。主にエンテロウイルス属の一種であるコクサッキーウイルスの感染により発症します。症状としては、突然の高い熱、次に喉の痛みがでます。水分も、ごはんも摂取しにくくなり、特に子どもの場合には痛みのため水分をとらなくなると、脱水症のリスクもあります。・手足口病手足口病というのは、発熱とともに、口周囲や口の中の粘膜、手のひら、足の裏や足の甲などに2~3mmの水疱性発疹(水ぶくれ)が出現します。時に肘(ひじ)、膝(ひざ)、おしりなどにも出現することもあり、特に最近流行することの多い、コクサッキーウイルスA6に感染すると、手・足・口だけではなく、背中やお尻、大腿部(太もも)に水疱疹がでることもあります。発熱は約3分の1で見られますが軽度であり、38℃以下のことが多いとされています。━━ 三大夏風邪の共通点や、特徴について教えてください。共通点は、夏の流行が多いこと。それから、感染後に症状が消えてもウイルスを排出し続けること、つまり感染期間が長いということも共通点ですね。ウイルスは咽頭から3~4週、便中には5~6週以上にわたって検出されることが知られています。ウイルスが最も急速に増え、大量に排出されるのは急性期(病気になりはじめた時期)です。その後、回復期(症状がおさまり快方に向かう時期)になると排出されるウイルスの量は減ってきますが、便からはまだまだウイルスが排出されているため、一見治ったように見えても、便を介して感染が広がってしまうのです。例えばアデノウイルスに感染して治った人は、症状がなくなっても便中にまだたくさんウイルスがでています。かつてはこの疾患がプールでよく広がったので、プールに入る前に腰まで消毒液の入った洗体槽に浸かるという予防策が行われていました。一定以上の年齢層の方は経験したことがあるかもしれません。現在はウイルスが広がらないように、プールの水の塩素濃度は1ppm以上という基準ができています。便以外でも、これらのウイルスは、咳やくしゃみ、唾液や鼻水が付着した手指を介して広がります。症状がおさまってからもウイルスは出ますので、患者との接触後は手洗い・手指の消毒が大切になってきます。夏風邪で注意したい合併症━━ 「夏風邪は長引く」とも言われますが、本当ですか?特に冬に比べて長引くということはないと思いますが、合併症のために長引くということはあります。手足口病の原因となるウイルスのひとつにエンテロウイルス71型というのがあり、これは髄膜炎や脳炎などの合併症を起こすことがあります。今シーズンは、これまでのところ、このウイルスはあまりみられていません。(2019年7月時点)2016年にエンテロウイルスD68型が流行して、喘息発作や呼吸困難、さらに弛緩性麻痺(しかんせいまひ:筋肉を動かすことができず、麻痺している箇所がダランとしている状態)などを引き起こしたことは記憶に新しいと思います。エンテロウイルスのなかには中枢神経に感染するウイルスがおり、最初は夏風邪の症状だけであっても、場合によっては合併症を引き起こす可能性があります。ただ、これらのウイルスに感染した人の90%以上は、無症候性感染(病原体に感染しても症状が出ず、健康にみえる状態のこと)あるいは軽症の発熱性疾患に終わります。━━ 症状が出ない方も多数いらっしゃるんですね。そういう方から感染が拡がるのでしょうか?そうですね。多くは軽症例あるいは無症候例の便を介して感染が広がりますが、一般的に症状が出るのは5歳までの小児が多いですね。赤ちゃんがかかると重症になります。とくに新生児は抵抗力が弱いですから、注意が必要です。━━ 手足口病では髄膜炎や脳症になることもあると伺いましたが、ほかに注意が必要な合併症はありますか?手足口病の原因となるコクサッキーウイルスB群の場合は筋肉に炎症が起こることがあります。ときに、先にも述べた無菌性髄膜炎や脳炎・肝炎・心筋炎や心膜炎を引き起こすことがあります。心筋炎を起こして心臓のポンプ機能が悪くなると心不全の状態に陥ります。そうすると、心臓で十分な循環ができないために浮腫(むくみ)が出てきたり、おしっこの量が減ってきたりします。心筋の収縮力が落ちるために、心拍数が早くなることもあり、それに伴い息もはやくなります。場合によっては不整脈が出るときもあり、突然死の原因にもなり得ます。見た目では元気がなくなります。普段ならば熱があっても遊ぶのにぐったりしているとか、親の感覚で「おかしい、普段と違う」という気付きは大切です。赤ちゃんは熱があっても興味のあることには積極的ですから、いつものような動きがなければおかしいと考えて注意しなければなりません。特に夏は、暑くて汗をかきやすいですから、脱水状態になることがあります。自分の熱をコントロールする方法は汗をかくことです。しかし、体内の水分がもともと少ない状態で汗をかくことができないと熱がどんどん高くなるリスクもあります。━━ 夏は風邪をひいた子が熱中症になることもあるということですか?風邪による発熱は体が自ら「体温を上げろ」と命令した結果なのですが、熱中症というのは自分で体温が調節できなくなって体温が上がってしまう状態を指すので、異なる概念です。しかしながら、風邪による発熱も熱中症も「脱水が伴う」という状況は似ています。ただでさえ気温が高くて、脱水により熱があがりやすい環境ですから、十分な水分補給を心掛けたいところです。予防の基本は「手洗い」「接触を避ける」こと━━ 夏風邪はどう予防すればよいのでしょうか?基本的には患者と接触しないようにすることです。しかし、実際のところ家庭内で接触しないようにするというのは難しいでしょうから、家族内感染率は結構高いです。例えば上のお子さんが保育園でもらってきて、お母さんにうつして、さらに下の子にうつして……というケースはよくあります。多くは患者の糞便を介しての直接・間接接触による感染ですが、咳やくしゃみによってウイルスが飛んで感染することもあります。風邪予防に「うがい」は必要?日本では古来より「風邪の予防にはうがい」と言われてきましたが、実際の予防効果はほとんどないということが分かっています。うがいをしすぎることで、喉にある種々の感染を防御する物質が少なくなり、感染しやすくなるということも言われています。風邪の予防にうがいを推奨するのは世界中で日本だけなのですが、昔からの習慣なので、なかなか変えることは難しい面もあるのかもしれません。治療の基本は「よく休み」「よく食べる」こと━━ 夏風邪に対する治療薬はあるのでしょうか?夏かぜのウイルスに効果がある治療薬はありません。もちろん、「抗生物質」と呼ばれているような抗菌薬のたぐいも、ウイルスには効きません。ウイルスを自分で排除する、免疫力を高めるということ以外に有効な対応方法はないというのが現状です。感染症というのは、基本的に病原体(ウイルスや菌)とヒトとの戦いです。病原体が弱いものであっても、身体の免疫力が弱ければ病原体の方が勝ちます。治療には、「いかにして身体の状態をよくするか」ということも含まれるわけです。例えば相手が細菌であれば有効な抗菌薬で叩くこともできますが、アデノウイルスやエンテロウイルスなどのウイルスにはその方法がありません。市販の解熱薬、口内炎の薬、目薬などを使用される方も多いと思いますが、あくまでも症状を鎮める薬であって、ウイルスに直接作用するものではありません。よく睡眠をとって、身体を休めて、栄養のあるものを食べるという方法が一番なのです。━━ 休息や栄養をとることが大切ということですが、もしも自分の子どもが夏風邪にかかったら、何を食べさせればよいのでしょうか?まずは水分を十分に飲ませて、次にタンパク質をとらせてください。食べられるならば、バランスの取れた普通のごはんがよいのですが、ヘルパンギーナは喉が痛くて食べられないことも多いですから、水やジュース、あるいはヨーグルトやプリンなど、喉を通りやすいものになるでしょう。ただ、酸っぱいとしみますのでオレンジジュースなどは避け、冷たいスープなどを飲ませるのもよいと思います。基本的には3~4日で治ることが多いので、その間に体力を落とさないよう、しっかり休ませることも大切です。━━ 3日以上熱が続くときは、もう一度病院を受診したほうがよいのでしょうか?そうですね。そして、頭が痛いとか、嘔吐(おうと)する、水分がとれない、咳が強くなる、熱が一向に下がらずにむしろ高くなってしまうなど、新たな症状がでるような場合は病院へ行ったほうがよいでしょう。保育園や学校、解熱後48時間は連れて行かないで━━ ウイルスが長い間排出されるというお話がありましたが、保育園や学校へ行かせても大丈夫なのでしょうか?症状がなくなっても4~6週間程度は体からウイルスがでてきます。三大夏風邪のどれも同様です。症状があるときのウイルス量は多く、症状がなくなればだいぶ減ります。ですから熱が下がってから48時間は保育園などの施設には連れていかないよう、親御さんに伝えます。一般的に症状がおさまってから48時間経過するとウイルス量が少なくなることがわかっているからです。また、咽頭結膜熱は、主要な症状が消えたあと2日経過するまで出席停止、手足口病とヘルパンギーナに関しては、急性期は出席停止ですが、回復期は全身状態が改善すれば登校可となっています。(学校保健安全法による)もちろん仕事などの事情があることもわかりますが、お子さんの体力も十分回復していない状況で保育園などに連れて行くのは避けたほうがよいと思います。体力が落ちているので、別の感染症をもらってくることもありますし、オムツを取り替えるときに手などに付着して、それがきれいに洗い落とせていなかった場合、保育園などで集団発生するということもあります。繰り返しになりますが、特効薬がない現状では「手洗い」「接触をさける」という予防が大切で、かかってしまった場合はよく休み、睡眠をとり、栄養を十分にとるということが一番です。参考文献(*1)手足口病に関するQ&A – 厚生労働省(*2)ヘルパンギーナとは – 国立感染症研究所(*3)手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱が増加しています -【感染症エクスプレス@厚労省】Vol.303(2017年06月30日) - 国立保健医療科学院(*4)咽頭結膜熱とは – 国立感染症研究所(*5)学校保健安全法施行規則 - e-Gov [イーガブ](*6)エンテロウイルスD68型流行期における小児気管支喘息発作例の全国調査(IASR Vol. 37 p. 31-33: 2016年2月号) - 国立感染症研究所

谷口 清州

2019.7.25

おくすりの正しい保管方法は? クイズに挑戦!『めざせ! おくすりマスター』

くすりと健康食品やサプリの違いって? 自分のくすりを人にあげてもいい? くすりの正しい保管方法は? 余ったくすりはとっておいて使ってもいい?知っているようで知らない「おくすりのキホン」。横浜市立大学附属病院 薬剤部長のサハシ先生と一緒に、おさらいしてみましょう!なんだか体調がよくない……。サプリを飲めば治るかな?健康食品・サプリは「くすり」ではなく「食品」です健康食品やサプリメントは「くすり」ではなく「食品」だって知っていましたか? くすりは病気を治す効果があると国が認めたもの。一方、健康食品やサプリメントなどの食品に病気を治す効果はありません。「特定保健用食品(いわゆるトクホ)」も国の審査に通った食品ですが、基本的に健康な人が健康を保つために使うもの。病気を治したい人は、くすりを飲んでくださいね。みんなが病院で処方されたくすりを分けてくれたけど、飲んでもいい?病院のくすりは「あなた専用」病院で出されるくすりは「医療用医薬品」。よく効くかわりに副作用も強いため、医師の処方せんが必要です。処方(くすりの組み合わせや量)はあなたの症状・体質などに合わせた「オーダーメイド」なので、あまったくすりを他人にあげるのも、もらうのもやめましょう。一方、ドラッグストアのくすりは「一般用医薬品」。処方せんがなくても買えますが、効果や副作用の強い「第1類医薬品」は薬剤師の説明を受けたうえで購入を。くすりはどこで保管しようか?目につきやすいところがいいかな?くすりに合った場所で保管をくすりは日光・高温・多湿が大の苦手。直射日光が当たる場所、暖房器具の近く、車の中などを避けて、室内で保管してください。シロップ剤や坐薬、未開封のインスリン注射など、冷蔵庫で保管したほうがよいものもあります。(ただし凍らないよう注意!)説明書の保管方法を確認し、くすりに合った場所で保管してくださいね。また、誤飲事故を防ぐため、お子様の手の届くところにはくすりをおかないようにしましょう。すっかり元気になった!残りのくすり、とっておいてまた使ってもいい?「とっておいて使おう」はNG!具合が悪いからと病院でくすりをもらったものの、飲み終わる前にすっかりよくなっちゃうこともありますよね。でもそのくすり、「とっておいてまた使おう」はダメなんです!処方された分は「全部使い切る」のがキホン。なぜかって、その処方は今のあなたの症状に合わせたものだからです。しかもくすりには使用期限があり、期限が切れると十分な効果が出ないことも。一度開封したら使い切るようにしてくださいね。おくすりマスター4か条健康食品やサプリメントは「食品」。病気を治したい人はくすりを飲もう。病院のくすりは「オーダーメイド品」。他人にあげるのも、もらうのもやめよう。くすりは日光・高温・多湿が苦手。説明書を確認し、くすりに合った場所で保管を。処方されたくすりは「全部使い切る」のがキホン。「とっておいて使おう」はNG!作画:金田啓介監修:横浜市立大学附属病院 薬剤部長 佐橋幸子

佐橋 幸子

2020.7.22

笠貫先生と「生きる、老い、病み、死ぬ」を考える

みなさま、Open Doctorsへようこそ。このOpen Doctorsという取り組みは、現在の医療が抱える課題に立ち向かうために始めたものです。しかし、医療の土台とも言える「社会」についてよく知らないまま、その課題を解決することはおそらく難しいでしょう。このコラムでは、私たちを取り巻く社会や、社会が抱えている課題についても思いを巡らせ、人はこの社会でどう「生まれ、老い、病み、死ぬ」のかについて考えていきたいと思っています。「生まれ、老い、病み、死ぬ」と言いましたが、何人(なんぴと)もこれを避けることはできません。仏教ではこれを「生老病死」として、人間の根本的な「4つの苦」であると説いています。一方で、「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」「苦楽一如」「苦は楽の種」……なんてことわざもあります。昔から人は、「苦」のあとに必ず「楽」があると信じて、つらい時を乗り切ってきたことが分かります。生まれてから死ぬまで、老いたり病んだりと人はさまざまな「苦」に直面しますが、そのあとの「楽」を思って生き、生かされる。それが「人生」です。さて、私たちが生きる21世紀においては、IT(情報技術)やAI(人工知能)をはじめとする科学技術が目覚ましい進歩を遂げています。それによって恩恵を受ける反面、価値観の多様化や貧富の差の拡大により、世界は混乱・混迷を深め、地球温暖化など人類のみならず地球の危機さえ叫ばれています。わが国はこれまで人類が経験をしたことのないスピードで少子超高齢社会に突入し、団塊世代が後期高齢を迎える「2025年問題」、そして深刻な人口減少社会に直面しようとしています。その中で我々はどのように「生まれ、老い、病み、死ぬ」のかを受けいれ、人生を生きるか、考えなくてはなりません。もっと言えば、いかにして人間らしく健全な生活をし、幸福を追求し、健やかに老い、尊厳ある死を迎えるかについて、自らの問題としてそれぞれが真剣に考え、備えるべき時期に来ているのです。このコラムでは、日本人が抱えるこれら多くの課題について、具体的に皆さんと学び、考えていきたいと思います。例えば、「生まれる」こと。古来、出産は母親にとって命がけの出来事であり、明治時代に入った1900年でも、母子ともにその死亡率は高いままでした。現在では、医学と医療技術の進歩、医療制度・国民皆保険制度の整備、高度経済成長などにより、いずれの死亡率も著明に改善しています。ところが20世紀後半、豊かな生活の中、救える命も増えたはずの日本で出生率の低下が社会問題となり、この国は少子化社会に突入しました。古代から近現代に至るまで、新しい命の誕生は人びとに笑顔と幸福をもたらし、世代継続をかなえるためにも非常によろこばしい出来事でした。もちろん親の苦労は今と変わらず相当なものだったでしょうが、多少の「苦」を伴うことはあったとしても、本来「生まれる」ことは「楽」、人にとっての楽しみであったはずです。しかし、この現代においては、子を持つことを「苦」としか思えず、その先に「楽」を見いだせない人が増えている……。私はそんな風に考えています。これは一体なぜなのでしょうか。そして、その先にはどんな未来が待っているのでしょうか。自分自身の問題として、次回から掘り下げて考えてみることにしましょう。

笠貫 宏

2018.5.28

濃厚接触による家族内での感染も。医師が語る髄膜炎

前回のコラムでは、日本では珍しい、しかし海外では多数の死者を出している「狂犬病」についてお伝えしました。今回も、国内ではあまり話題にのぼらない「髄膜炎」がテーマです。海外で流行するさまざまな感染症のなかから、谷口先生が髄膜炎を取り上げた理由とは?2020年の東京五輪を控えた今、髄膜炎をめぐる諸問題についても伺います。致死率が高く、ショック状態に陥ると数時間で死亡も━━ 谷口先生は海外に行く前にどんなワクチンを打っていますか?A型肝炎、B型肝炎、破傷風のワクチンは打っています。B型肝炎は医療従事者など血液に触れる可能性のある仕事をしている人はこれまでに接種していると思います。麻疹(はしか)・風疹は自然感染したことがあり、私は十分な抗体を持っていますので打っていません。今は狂犬病感染のリスクのあるところには行かないので打っていませんが、20年前にアフリカに行ったときには狂犬病ワクチンも打っていきました。私は年に4回ほどガーナに行くので、もちろん黄熱病のワクチンは接種しています。また、髄膜炎菌ワクチンも打ちます。アフリカ大陸の西部にあるガーナは「髄膜炎ベルト」と呼ばれる範囲に含まれていまして、流行性脳脊髄膜炎(りゅうこうせいのうせきずいまくえん)の流行地域ですからね。━━ 流行性脳脊髄膜炎というのはどんな病気なのでしょうか?髄膜炎というのは脳の周りにある脳脊髄膜の炎症を指します。膜につつまれている脳にも同時に炎症が起こるので、脳脊髄膜炎と言うのです。この病気を引き起こす病原体にはいろいろありますが、そのうちのひとつである髄膜炎菌は人から人からへ感染するので地域的な流行を起こすことがあります。流行性脳脊髄膜炎と呼ばれており、極めて重症になります。髄膜炎菌が原因なので、髄膜炎菌性髄膜炎とも呼ばれます。原因菌である髄膜炎菌というのは、感染するとヒトの鼻から喉(のど)のあたりにすみつき、飛沫感染によって人から人へ感染します。保菌していても発症する人としない人がいるのですが、何らかの理由でこの菌が血中に入り、増殖して、脳脊髄膜に到達すると、脳脊髄膜炎を発症します。抗菌剤による治療を行っても患者の10~15%は亡くなり、運よく生き残っても10%くらいの人には後遺症が残るという、怖い病気です。━━ そんなに怖い病気なのに、日本で定期予防接種対象に含まれていないのはなぜですか?今の日本では、髄膜炎菌に感染して髄膜炎になる人は年間30人程度だからです。昔は日本でも法定伝染病に指定されており、年間に何千人という方が亡くなっていましたが、今の日本人の保菌率は1%以下です。保菌率が減った理由について、よくわかっていませんが、一般的な衛生状態がよくなったこと、一方では長年国内で抗菌薬が濫用されてきたことと関係しているのではないかという指摘もあります。一方、アメリカやイギリスなどの、日本を除くほとんどの国々は、保菌率が10~20%。10人に1人くらいは菌を持っていることになります。よって、アメリカでは髄膜炎菌ワクチン接種を義務化している州が多いですし、イギリスでも定期接種の対象になっています。寮生活の予定があるなら予防接種の検討を━━ 髄膜炎になるとどんな症状が出るのでしょうか?最初は熱が出て、咳・鼻水・全身倦怠感・頭痛など、風邪のような症状で始まります。やがて血液中に菌が増えると、足や全身の節々がひどく痛み、手足が冷たくなり、紫色の出血斑(しゅっけつはん)が出ます。電撃的なショック状態に陥り、発症してから数時間で亡くなることもあります。以前、宮崎県の高校で、髄膜炎の集団発生がありました。4人が入院し、そのうち1人は亡くなっています。亡くなった子は夕方に発熱して、「ちょっと調子が悪い」と言っていただけだったのに翌朝倒れて、その夜に亡くなってしまいました。ちなみに、アメリカやイギリスにおける予防接種の主な目的は、寮生間での流行を防ぐことです。向こうの学生はほとんどが寮生活なので、飛沫感染が懸念されます。海外留学はもちろん、国内であっても、お子さんが寮生活などをされる場合は接種を検討してください。━━ 2020年の東京五輪では、髄膜炎菌のワクチンを義務化する必要はないのでしょうか?髄膜炎菌ワクチンの接種については、今回のオリンピック・パラリンピックでも議論になっています。例えば会場を案内するボランティアなど、海外からの参加者と濃厚に接触する場合には飛沫感染のおそれがありますから。2018年開催の平昌(ピョンチャン)オリンピックではスタッフに全員打ったそうですから、日本も2020年の東京五輪のときは対策を徹底すべきではないか?という議論がずっと続いています。予防接種は渡航者ワクチン外来やトラベルクリニックで━━ 髄膜炎菌のワクチン、日本ではどこで打てるのでしょうか?一定規模の病院ならば打てるようになっていますので、お近くの渡航者ワクチン外来やトラベルクリニックなどを検索してみてください。私が勤務する三重病院には渡航者ワクチン外来があるので接種可能ですが、1本あたり2~3万円ほど費用がかかります。原価が高く使用期限もあるので、予約制にしている病院が多いと思います。受診の際は事前に確認するようにしてください。家族内での感染も。谷口先生が髄膜炎ワクチンに思うことグローバル化が進んだことにより、海外出張に行かれる方も髄膜炎菌のワクチンを打ちに来られます。でも「会社からお金が出ないから打てない」「費用が高すぎるから打てない」と接種をあきらめて帰る方もいて、複雑な気持ちになることがあります。なぜ私がこんなに髄膜炎菌を気にするかと言うと、過去に悲しい事例を目の当たりにしたことがあるからです。1歳のお子さんが髄膜炎菌性髄膜炎で亡くなってしまったということがあり、調査を行ったところ、亡くなったお子さんと同じ型の髄膜炎菌が、ご家族のお一人から見つかりました。この方は海外へ出張されていたようです。もちろん実際のところはわかりませんが、あちらで保菌して、帰国後に家族内で感染したのかもしれません。そういう事例を見ているので、ワクチンで防げるものなら防ぎたい、という気持ちがあるんです。病原体というのはヒトにくっついて移動しますから、旅行や出張に行けば、その土地の感染症を持って帰ってきてしまう危険がある。ワクチンを打つか打たないかというのはリスクマネジメントで、「めったにないことにどれぐらいお金をかけて備えるか」という話になるのですが、自分の健康とともに、周りの人の健康も考えないといけないというのが難しいところです。参考文献(*1)髄膜炎菌性髄膜炎とは - 国立感染症研究所(NIID)(*2)髄膜炎菌性髄膜炎(ファクトシート) - 厚生労働省検疫所(FORTH)(*3)感染症についての情報「髄膜炎菌性髄膜炎」 - 厚生労働省検疫所(FORTH)

谷口 清州

2019.8.1

新型肺炎、今後注意が必要なニュースは?

次から次へと新しい事実が報道される新型肺炎。どのニュースがどんな意味を持つのか、次に「節目」となるニュースは何なのか?SARS対策も経験した感染症専門医・谷口医師に聞きました。節目となるニュースは「国内における地域内感染伝播の成立」今、日本国内で新型コロナウイルスの問題に対峙している人が一番恐れていることは、これまでに判明している患者さんとの接触がない感染者が見つかること、すなわち日本国内での地域内感染伝播です。地域内感染伝播というのは文字通り、ある地域のなかに「病原体を保有していて感染性を持つヒト」が一定程度存在し、その地域内で感染が伝播していくことを指します。冬季のインフルエンザウイルスやかぜのウイルスのように、地域の人たちの間で病原体が循環している状態をイメージしてください。2019年12月末から2月にかけて、中国湖北省武漢市で起こっている集団感染、そして今話題になっているクルーズ船での集団感染も、誰から誰へ感染が広がったのか明らかにすることが難しい状況です。このように、ヒトからヒトへの感染連鎖が追跡できない状態を、地域内感染伝播といいます。逆に、ヒトからヒトへの感染連鎖が追跡できる状態を「濃厚接触による限定的なヒト-ヒト感染」といいます。これが起こっているのが現在の日本の状況です。国内で感染が確認されている人たちは少なくとも渡航歴のある方からの二次感染で、「誰から誰に感染したか」が分かっているため、現状のところ、日本では新型コロナウイルスの地域内感染伝播はないと言えます。現状維持のためには、患者さんがでたときの疫学調査(1人の患者さんがどこからどのように感染したか、その感染の原因となったリスク因子はなにかを調べる実地調査)が極めて重要です。もし今後、とある地域で「誰から感染したかわからない患者さん」が次々と出てきた場合には、地域で感染伝播が進行している状況を考えねばなりません。国内の新型コロナウイルス対策は、新たなフェーズに突入することになるでしょう。地域内感染伝播が起こっても個人ができる対策は変わらない新型コロナウイルスの地域内感染伝播が起こったら、通常の季節性インフルエンザと同じ状況になるということです。電車の中や職場、保育園、娯楽施設など、いろいろなところで感染しうるリスクがあるので、季節性インフルエンザと同様の対策が必要です。つまり、日常的に手洗いをし、状況に応じてマスクを使用して自分を守り、特に高齢の方や基礎疾患(高血圧・糖尿病などの持病)のある方は、人混みを避けておくことが大切です。今までにも新型コロナウイルスの予防として基本の感染症対策をおすすめしてきましたが、われわれ個人にできることは変わりません。新型肺炎の症状、今すぐできる対策は? 感染症専門医が解説(最終更新:1月31日)https://opendoctors.jp/news/detail/77cfd718bf72d85bd60bf6acfa7b0eea/ただし、予防するワクチンがないこと、治療する薬剤がないことは、インフルエンザと異なります。状況によっては、不特定多数の人が集まる場所、学校や事業所での感染拡大防止対策をとることも必要になるでしょう。ただ、現在ワクチンが急ピッチで開発されていますし、治療薬については何種類かの抗ウイルス薬の治験が進められています。正確な情報の把握と感染までの「時間稼ぎ」が命を救う通常、地域内感染伝播が起こる場合には「感染者が地域で歩き回れる程度に元気である」ということが条件です。感染者がすべて重症化して肺炎になれば、外を出歩くことは難しくなってくるはずだからです。新型コロナウイルスに関しては、今のところ「重症者がでるものの、軽症者もかなり多い」という状況で「かかれば必ず重症になる」というわけではありません。しかし、今後ウイルスが変異を起こして重症化率が高くなる可能性もありますし、無症候性(症状がない)感染例・軽症例の割合や、そういった感染者が感染を広げる力(感染性)についても徐々に明らかになってくることでしょう。新たなフェーズを乗り切るためには、今までと同様、正確な情報をいち早く知る力が試されます。SNSなどではデマが飛び交い、正しい情報と不確かな情報が混在しています。テレビ・新聞などで報じられるニュースはもちろん、国・自治体や研究所・病院などの公的機関が発信する情報を常にチェックしておきましょう。また、地域内感染伝播地域が起こった場合、多数の死者が出るのを防ぐ方法として「できるだけ感染しないようにして時間を稼ぐ」ことが有効だと考えられます。重症になる患者の割合にもよりますが、患者が一度にたくさん発生すれば、病院は患者であふれて、ひとりひとりが十分な治療を受けられない状況になります。また、不安になった人たちが感染していないのに病院に行けば、病院で新型コロナウイルスにかかってしまいます。武漢では現在なこのような状況が起こっているという報道もされています。このような場合、軽症であれば「周囲に感染させないように留意し、自宅で安静して十分な栄養と水分を補給して経過をみる」ことが、自分と周りの人々、そして医療機関を守ることにつながります。これによって、一時に多数の患者がでることを防げれば、病院が患者であふれることもなく、感染した人をきちんと診ることができ、重症になった患者さんに十分な治療ができます。これを被害低減戦略(Mitigation strategy)と言います。国の対策、個人の対策は「今のまま」で大丈夫なのか現在、国および地方自治体の公衆衛生行政は、可能な限り地域内感染伝播を防ぐ努力をしています。つまり、患者さんを早期発見し、きちんと医療機関で感染対策を行って治療することにより感染の拡大を防ぎ、その方の濃厚接触者を特定して、健康状態を監視して、発症すればすぐに医療機関に収容して、それ以上の感染の拡大を防いでいます。2003年のSARSの際には、このような戦略によってSARSコロナウイルスを封じ込めることに成功しています。その当時はまだわかっていませんでしたが、実はSARSコロナウイルスの無症候性感染例は非常に少なく、軽症例や発症した早期には感染力が極めて低かったのです。そのため、熱や咳がでて、肺炎を起こした人を医療機関できちんと治療していれば、それ以上の感染伝播を防ぐことができたわけです。封じ込めがうまくいくかどうかは、新型コロナウイルスの特性によるところも大きいので、どんなに努力をしても、最終的には地域内感染伝播が樹立されるかもしれません。現状では、今回の新型コロナウイルスには軽症例、無症候性感染者がいることがわかっていますが、この人たちがどれぐらい感染を広げる力があるかについては十分にわかっていません。現在行っているような対策によって、封じ込めができるかもしれませんし、できなかったとしても、少なくとも感染の拡大を遅延させる効果があります。繰り返しますが、今のところ、新型コロナウイルスは日本国内で地域内感染伝播を起こしてはいません。つまり、普通に生活していて感染するリスクは低い状況です。ただ今も国内には、海外で感染した人と、その人との濃厚接触により感染した人が存在します。ひょっとしたら、まわりにいわゆる「無症候性感染者」がいるかもしれません。しかしながら、現状ではこの無症候性感染者の感染性については、まだよくわかっていない段階です。第一線にいる専門家たちが「まだ確実なことがいえる段階ではない」と言っていることについて、心配しても仕方がありません。今私たち一人ひとりにできることは、日常的に手洗いをして自分を感染から守り、症状があれば咳エチケットで周囲に広げないようにし、状況に応じてマスクで防御しておくことです。現段階で、普通に街を歩くのに新型肺炎予防のためと言ってマスクをつけても、メリットはありません。それどころか、何らかの症状がある人やその看病をしている人、そして最前線で働く医療者たちにマスクが行き渡らないのではないかと危惧しています。なお、マスクにまつわる誤解と疑問についてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてください。感染症予防、マスクは「二度づけ」禁止? 再利用する方法はhttps://opendoctors.jp/news/detail/debc9015572dd18bd1050daf1281007c/参考サイト新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)令和2年2月11日時点版 - 厚生労働省感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~ - 首相官邸Q&A on coronaviruses - WHO新型コロナウイルス(2019-nCoV) - NIID 国立感染症研究所特設サイト 新型ウイルス肺炎|NHK NEWS WEB

谷口 清州

2020.2.13

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会