お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

人気記事ランキング

【谷口先生に聞く新型コロナの疑問】重症化を見逃さないためにチェックすべき3つの数値とは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19/以下、コロナ)では、どんな人が重症化するのでしょうか? また、どうすれば重症化しないのでしょうか? 感染症の専門家でもある国立病院機構三重病院の谷口清州医師が解説します。誰にでも重症化リスク、前兆となる症状に注意重症化するリスクが高いのは、高齢者、基礎疾患のある人、妊婦、1歳未満の乳児などといわれています。とはいえ、若い人が重症化しないかというとそんなことはありません。若い人でも重症化して亡くなった人はいます。今のところ、なぜ軽症で済むのか、なぜ重症化するのかは、科学的にわかっていません。ウイルスの曝露量(ウイルスを浴びた量)によるとも言われています。ただ、現象として上記のような人たちが重症化しやすいことはわかっています。それを知った上で、誰にでも重症化するリスクはあると覚えておくといいでしょう。4月29日、厚生労働省は軽症患者が注意すべき「緊急性の高い13の症状」 を発表しました。「顔色が明らかに悪い」「唇が紫色になっている」「息が荒くなった(呼吸数が多くなった)」「急に息苦しくなった」「胸の痛みがある」など、重症化の前兆となる症状を一つでも感じたら、すぐに保健所などに連絡してください。また、一般的には、発症後5~10日くらいで重症化することが多いので、特にこの時期は注意してください。自宅待機中は「バイタルサイン」をチェックしよう重症化しないために一番大事なことは、規則正しい生活をして、3食しっかり食べて、夜はちゃんと寝て、なるべくストレスをためないことです。健全な生活をすることが一番大事だと思います。実はインフルエンザにも同じことが言えます。インフルエンザが重症化して入院する中学生や高校生は、クラブの試合のために体が疲れきっていたり、受験勉強のストレスがあったりします。重症化するかしないかは、体調やストレスも大きくかかわっているようです。軽症と診断されて自宅で過ごすときは、重症化を早期に発見するために「バイタルサイン」を計測するといいでしょう。「バイタルサイン」とは「生命の兆候」という意味で、呼吸数、脈拍(心拍数)、血圧、体温の4つを指します。医師はこれらの数値情報で患者の状況を把握します。コロナの場合、特に注意しておきたいのは呼吸数、心拍数、体温の3つの数値です。たとえば、安静時の呼吸数が時とともにだんだん増えていったら、それは異常な兆候です。医師に連絡して相談してみてください。なお、この際には、普段の自分の状況を把握しておくと変化がよくわかりますから、今何も気になる症状がなければためしに測定してみるのもいいでしょう。記録するコツは、病院でもらえる「熱計表」を使うことです。インターネットで検索すれば、ダウンロードもできます。熱計表は記録をグラフにできるので、1日3回測って、数値が上がり傾向か下がり傾向かなどをチェックしてみてください。なお、呼吸数は年齢によって異なります。成人は1分間に16~18回ですが、幼児は20~30回、乳児は30~40回と多くなり 、逆に高齢者は少なくなるので目安にしてください。受診の目安として挙げられていた倦怠感や息切れなどは自覚症状なので、個人の感覚によって異なることがあります。一方、呼吸数、心拍数、体温は、感情などに左右されないので、信頼度が高い数値だと言えます。病院のような機器がなくても、1分間当たりの心拍数や呼吸数ぐらいなら簡単に測ることができます。コロナに限らず病気になったときは、経過観察をすることが大事になります。よく、医者が「様子を見てみましょう」と言いますが、これは要するに「症状の経過を観察しましょう」ということです。そのためには必要な数値は見ておかなければいけません。「自宅で安静にする」ときに最も大切なのは「何もしない」ではなく「経過を見ること」なのです。コロナは後遺症があるのか?コロナの後遺症について、詳しいことは今のところわかっていません。重症になった人は間質性肺炎を起こすわけですから、肺に一定の傷あとを残すことはありえます。わからないといえば、このウイルス自体もよくわかっていないので、検査で2回陰性が出たからといって本当にウイルスが体内から排除できているのかわからない部分があります。実際、PCR検査で2回陰性になって退院し、自宅に戻ってから急激に悪化して亡くなった方の肺からウイルスが検出されたという報告もあります。このウイルスはかなり人間に適応していて、人間の世界と共存できるようになりつつあるようです。すでに共存できるようになっているのかもしれません。最近、このウイルスが血管の内皮細胞に感染することもわかってきており、これが急激に重症化する原因とも考えられています。まだまだよくわからないウイルスに対して、われわれが今できることは、いかに感染しないかを考えることです。手洗いと密接・密集・密閉の「3密」を避けることを徹底しましょう。まとめ重症化しやすいのは高齢者、基礎疾患のある人、妊婦、乳児。若い人も重症化しないとは限らない。大切なのは、3食しっかり食べて、夜はちゃんと寝て、なるべくストレスをためないこと。自宅療養中の経過観察では呼吸数、心拍数、体温の3つに注意。異常な兆候があれば医師に相談を。コロナにはまだわからないことが多い。大切なのは「手洗い」と「3密」を避けること。参考サイト新型コロナウイルス感染症について - 厚生労働省新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養・自宅療養における健康観察における留意点について - 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部特設サイト 新型コロナウイルス|NHK NEWS WEB

谷口 清州

2020.5.15

感染症予防、マスクは「二度づけ」禁止? 再利用する方法は

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。回答はこちらから。新型肺炎の影響で品薄の状態が続いているサージカルマスク。在庫がもったいないからと再利用している人も多いようですが、専門家によると「基本的に外したマスクの再利用はおすすめできない」とのこと。「そもそもマスクに予防効果はない」って本当? マスクが買えない状況になってしまったら、本当に再利用する方法はないの?マスクをめぐる誤解や疑問について、感染症の専門家でもある谷口医師に聞きました。マスクに「予防効果」はない?マスクの効能をめぐる誤解最近「健康で何の症状もない人が、予防のためにサージカルマスク(不織布でできたマスク)を着用しても、飛沫感染を予防する効果はない」という記事が散見されます。しかし、100%予防できるわけではありませんが、サージカルマスクが一定程度飛沫感染を予防することは、科学的に証明されています。世界保健機関(=WHO)などが言いたいのは「マスクを装着することが必要なとき(=感染リスクがある場合)に装着することは有効な使用法であるが、リスクが低い、または全くないときに使用するのは意味がない」ということです。飛沫感染に対する効果の有無と、装着することによるメリットの有無は別物なのです。現在の日本は、武漢とは違って地域内感染伝播(※注1)がありません。よって、新型コロナウイルスの予防という点では、マスクを装着する必要はありませんし、そのメリットはありません。もちろん、インフルエンザの流行期にインフルエンザを可能な限り予防したい、花粉症の予防をしたいと言う場合にはマスクは有効です。(※注1)地域内感染伝播:ある地域のなかに、病原体を保有していて感染性を持つヒトが一定程度存在し、その地域内で生活しているとその病原体に感染すること。冬季のインフルエンザウイルスやかぜのウイルスのように、地域の人たちの間で病原体が循環している状態を指す。マスクは「2度づけ」禁止! 正しくつけなければ意味がないまず、マスクの正しいつけ方についてですが、マスクは鼻筋から顎までをしっかりカバーするようにかけます。たまに鼻を出したまま口にだけマスクをかけている人を見かけますが、意味がありません。また、顔の大きさに合ったサイズのマスクを使い、マスクと顔の間にすき間ができないように密着させてください。一般的に使われているサージカルマスク(不織布でできたマスク)は、内部の3次元的な網目構造を利用して病原体を吸着しています。そのため、不自然な形で折りたたんだり、洗ったりすると、この3次元構造が破壊され、効果がなくなってしまいます。ゆえに、一度外したマスクは再使用しないというのが基本です。医療関係者はマスク管理について徹底的な教育を受けています。マスクの外側、特に中心部位には吸着された病原体が付着している可能性があるので、もしマスク表面に触ってしまったら必ず手洗いをしますし、マスクを外したら捨てるようにしています。それだけ厳格に取り扱っているからこそ効果があるのです。マスクを何度も使いまわしたり、サイズが合っていないものを使っていたりしていれば、残念ながらウイルスの侵入を防ぐのに有効な方法とはいえません。マスクが在庫切れ!再利用する方法はないの?全国的にマスクが不足している今、買い占めなどが続くと、本当にマスクが必要な時に手に入らないという可能性もあります。そんな場合に備えて、推奨はできませんが、再利用する方法を伝えておきます。マスクの効果を保持するためには形を崩さないことが大切なので、マスクを静かに外したら、外した形のまま清潔な紙袋などの中に保管します。形を崩さず、湿気のない状態で保存することがポイントです。再び装着するときはマスクのひもを持ってそっと取り出し、やはりマスク表面には触れないようにつけてください。しかし、この方法は「最終手段」であって、二度、三度と使いまわすのはおすすめできません。何らかの症状がある人や、その看病をする人たちにマスクが行き届くよう「必要な分だけを購入し、買い占めをしない」ということも大切だと思います。参考サイト新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)令和2年2月11日時点版 - 厚生労働省Q&A on coronaviruses - WHOアンケート調査にご協力くださいOpenDoctorsではみなさまの声を元にサイトを改善するため、5分程度でできる匿名のアンケートを実施中です。アンケート回答はこちらから。

谷口 清州

2020.2.12

【谷口先生に聞く新型コロナの疑問】検査の基準があいまいな日本では、患者数の増減を比較できないってホント?

5月25日、緊急事態宣言が全面解除されました。これらの判断は、毎日新規に報告される患者数のデータをもとに行われています。しかしながら、これらのデータは信頼できるのでしょうか。国立病院機構三重病院の谷口清州医師に聞きました。患者数のカウント方法を決めるのは「症例定義」まず、「患者数が増加した」「減少した」と言うためには、一貫した方法で患者数をカウントしなければなりません。今回のコロナウイルス感染症は、症状の幅が非常に広くて、無症状の方から、風邪症状程度、軽症の肺炎から、人工呼吸が必要な重症肺炎まで様々です。故に、どの範囲の患者さんをカウントするかをきちんと決めて、継続して同じ方法でカウントしていないと比較が出来ないことはあきらかです。どのような人を調査・検査の対象にするか決めるのは「症例定義」です。症例定義とは、「このような症状があったら、病院は患者が新型コロナ感染症であることを疑って、PCR検査を含む必要な対応をしなければならない」という基準のことです。基準を満たした人に対して検査を行うことによって、患者を確定して、カウントしていくのです。シンガポール、台湾、韓国、ドイツなどでは、国が症例定義をしっかりつくっています。重要なのは検査数よりもブレない症例定義と監視体制の強化日本の場合、2020年2月末の時点ではおそらく比較的重症の肺炎がありそうな患者だけを検査していましたが、ここのところ徐々に軽い症例でも検査するようになってきています。症例定義がブレて、広がっているのです。そうすれば、1日の患者数が増えるのは当然です。こういう場合、患者数を減らすための施策を行い、実際に患者数が減っていたとしても、軽い症例をカウントする分だけ患者数は増えるかも知れません。患者数の比較を行おうとすれば、2月末と現在が同じ症例定義でカウントされる必要があるのです。また、ある症状を呈する症例について、東京では検査を断られるのに、ほかの地域では検査してもらうということもあるようです。検査対象となる症例定義が一貫していないと、異なる都道府県間で患者数を比較することも不可能です。途中でブレてしまった日本の症例定義「日本は患者数が少なくて、どこそこの国は多い」という議論や「日本の患者数が少ないのはPCR検査の数が少ないからだ」という言い方もあります。しかし、国によって症例定義が異なれば比較は出来ませんし、症例定義が一定でないと、患者数の増減についても何も言うことはできません。現にほかの国と日本ではPCR検査の対象となる症例は異なっており、そうなれば、検査数や報告される患者数も違ってきます。今やるべきことは、日本国内において、ブレない症例定義をもって持続的に症例数を把握し、患者数が減ったか増えたかを確実に評価することです。幸運にも、今のところ患者数は以前に比べて減少しています。これはみなさんが非常な努力をして自粛生活をしていただいた成果だと思います。しかしながら、終息したわけではなく、今後も散発例やクラスタは起こると思います。大事なことは、患者数が非常に多くなって、再び緊急事態宣言をしなければならないような状況にしないことです。もう一回1カ月間の自粛生活を余儀なくされれば、日本の社会はより大きな影響を受けるでしょう。そうならないためには、新しい感染者が出たら早期に探知して、即座に感染拡大を防止する措置をとることです。火が出たとしても、ボヤの状態で消し止めて、決して大火事にならないようにすることです。これを実現するには、今後は一貫した基準で患者数の増減を評価できるように、かつ早期に新たな患者を発見できるように、明確な症例定義を作成することが必要です。それだけにとどまらず、2重、3重のサーベイランス(※1)体制を敷く必要があります。(※1)サーベイランス:感染症などの病気の発生・流行状況を監視すること。また、それにより、対策方針を決めるためのデータを収集・分析すること。具体的な話をすると、まず第1段階では明瞭な症例定義を作成し、可能な限り早く患者を発見して対策を行います。そうすれば拡大を最小限に抑えられるのですが、この第1段階で患者を見逃した際には、その患者は他のヒトに感染させてクラスタを形成するかも知れません。そこで、第2段階としては、医療機関や施設などで症例定義を満たす患者さんが2例以上出た場合に即座に検査を行います。クラスタが形成されたこの段階で見逃せば、これは地域に広がります。もしそうなってしまった場合に備えて、第3段階として、地域における上気道症状患者の増加を把握して対応に結びつけるのです。このように、可能な限り感染者を早期に見つけて対策を行うために、2重、3重の監視体制を敷いて対策を講じる。そして、死亡者数については超過死亡(※2)で評価するなど、戦略的に流行状況を把握していかないと、流行状況に合わせた対策を取るのは難しくなると思われます。(※2)超過死亡:予測される死亡者数と比較した場合の、増加分の死亡者数。要するに、今回の新型コロナ流行による(想定の)死者数のこと。統計学的な手法で「新型コロナが流行していなかった場合の死亡者数」を出し、実際の死亡者数と比較することにより導き出す。まとめどのような症状の人を調査・検査の対象とするか定めた基準を「症例定義」という。症例定義が一貫していなければ、患者数の増減について議論はできない。今後は、明確で一貫した症例定義を使って流行状況を把握し、2重、3重の監視体制を敷くことが大切になってくる。

谷口 清州

2020.6.9

発症したら打つ手なし。100%の確率で命を落とす狂犬病

前回のコラムでは、東南アジアなどへ旅行する際に注意したい感染症や、渡航前に打っておきたいワクチンについてご紹介しました。今回のテーマは「狂犬病」。現在、日本では発生していないため、なじみのない方のほうが多いかもしれません。しかし、今も世界では年間5万5000人もの人が命を落としている怖い病気なのです。予防と対策について、国立感染症研究所での勤務経験もある谷口清州先生にお話を伺いました。発症したら100%の確率で死に至る━━ 谷口先生が国立感染症研究所で診た、一番珍しい感染症は何ですか?十数年前 、フィリピンより帰国した男性が、現地で犬に咬まれて狂犬病ウイルスに感染し、国内で発症したことが確認されました。私が直接診たわけではありませんが、国立感染症研究所にて病原体診断が行われました。━━ 狂犬病になった人には、どんな治療が行われるのですか?狂犬病を発症したら、有効な治療はありません。残念ながら亡くなりましたね……。狂犬病の実態は脳炎なのですが、発症するとほぼ100%死に至ります。感染した動物に噛まれると唾液からウイルスが侵入し、神経に入ります。神経をずーっと伝って、脳に到達したウイルスは脳炎を引き起こします。現代の医学では、狂犬病ウイルスによる脳炎になった人を救う方法はありません。噛まれても発症前なら「予防」ができる━━ 狂犬病ウイルスに感染している動物に噛まれたら、もう打つ手はないのでしょうか?いいえ、ウイルスが脳に到達するまでに食い止めればいいので、発症する前であれば噛まれてからでも予防ができます。これを医学用語では「曝露後予防(ばくろごよぼう)」と言います。まず、噛まれたら可能な限りはやく、できれば24時間以内に、狂犬病ウイルスに対する抗体(抗狂犬病ウイルス免疫グロブリン)を咬まれた部位に注射します。抗狂犬病ウイルス免疫グロブリンというのは、狂犬病ウイルスに結合してウイルスを不活化する働きのある血液製剤なので、これによってとりあえずウイルスの動きを封じ込め、それから狂犬病ワクチンを6回接種します。そうすると、脳に到達するまでに自分の体のなかにも抗体ができるので、脳炎の発症を食い止めることができます。狂犬病ウイルスを持っている動物に噛まれる危険性が高い場合は、「曝露前予防(ばくろぜんよぼう)」が必要です。渡航前に3回のワクチン接種を受けてください。狂犬病の動物に噛まれる危険性があるなら予防接種を━━ 市街や観光地を散策するだけであっても、曝露前予防は必要でしょうか?途上国であっても、ごく普通の観光地であれば狂犬病の犬はいないと思います。しかし、野外でキャンプをするとか、野生動物がいるところへハイキングに出掛けるとか、狂犬病の動物に噛まれる危険性があるなら、渡航前にワクチン接種をしてください。アメリカでは、野生のコウモリに噛まれて狂犬病ウイルスに感染したという人もいますから。━━ 犬以外の動物からも感染する危険があるのですか?狂犬病を持っているのは犬だけとは限りません。狂犬病ウイルスは哺乳類に感染しますから、ネコやサル、キツネ、アライグマなどもウイルスを持っている可能性があります。野生動物はもちろん、飼われている動物であっても、不用意に近付かないようにしてください。━━ 狂犬病のワクチン、日本ではどこで打てますか?一定規模の病院ならば打てるようになっていますので、お近くの渡航者ワクチン外来やトラベルクリニックなどを検索してみてください。予約制にしている病院が多いと思いますので、受診の際は事前に確認するようにしてください。まとめ:狂犬病の予防・対策・治療現在、日本は狂犬病発生のない国。一方、今も世界では年間5万5000人もの人が狂犬病によって命を落としていると言われている。狂犬病を発症したら、有効な治療はない。発症するとほぼ100%死に至る。狂犬病ウイルスに感染している動物に噛まれても、ウイルスが脳に到達するまでに食い止めればよい。発症する前であれば「曝露後予防」ができる。狂犬病ウイルスを持っている動物に噛まれる危険性が高い場合は、「曝露前予防」が必要。渡航前に3回のワクチン接種を。市街や観光地を散策するだけという場合、ごく普通の観光地であれば、狂犬病の犬はいないと考えられる。しかし、野外キャンプ、野生動物がいるところでのハイキングなど、狂犬病の動物に噛まれる危険性がある場合、渡航前にワクチン接種を。狂犬病ウイルスは、犬以外の動物からも感染する危険がある。ネコやサル、キツネ、アライグマなどもウイルスを持っている可能性があるため、野生動物はもちろん、飼われている動物であっても、不用意に近付かないようにする。ワクチン接種は渡航者ワクチン外来やトラベルクリニックで受けられる。取り扱いや予約については事前に電話などで確認を。参考文献(*1)狂犬病とは - 国立感染症研究所(NIID)(*2)狂犬病に関するQ&Aについて - 厚生労働省(*3)感染症についての情報「狂犬病」 - 厚生労働省検疫所(FORTH)

谷口 清州

2019.7.25

健康診断の3日前から断酒する人が「残念」な理由

身体が元気でも、健康診断の結果、数値に異常が見つかったら、かかりつけのお医者さんに相談したり、精密検査を受けたりしてください。健康診断は、車検と一緒です。愛車を車検に出して、業者の人から「エンジンが壊れていましたよ」とか「タイヤがすり減っていましたね」と言われたのに、「直しませんでした」と言われてそのまま車が戻ってきたら、みなさんどう思いますか?「検査で異常が見つかったのに、どうして直さないの?」と思うのではないでしょうか。健康診断で数値に異常が見つかったのに精密検査に行かないのは、車検で異常が見つかった車にそのまま乗っているのと同じことです。また、健康診断は「自分の身体の通信簿」です。毎年もらえる通信簿と考えてください。自分の子どもには通信簿を見せろというのに、パートナーには自分の健康診断の結果を隠す、なんて人はいませんか? 数値といえば、健康診断のとき、「3日前から断酒してコンディションを仕上げてきました」とドヤ顔をする方がいます。これは二重の意味で残念です。まず、健康診断は数値を競うオリンピックではありません。その日に良い数値を出せばいいというわけではないのです。日頃の身体の状態を知ることが重要なので、良い数値を出そうと3日前から努力しても意味がありません。もう一つ、3日前からでは数値は変わりません。特にお酒に関係する項目のγ-GTPは100だった値が50になるまで3週間かかります。だから、飲んでいるのはバレバレなのです。数字は嘘をつきません。γ-GTPの値を下げたいなら、日頃から断酒、節酒したほうがいいでしょう。健康診断は身体の悪いところを見つけて治すために行うものです。ぜひ活用してください。

梅村 将就

2020.3.12

「風邪という病気はない」って本当?

「実は風邪という疾患はない」今回のコラムは、そんな「!」から始まり、改めて「風邪」についてのウソ・ホントに迫る内容となっています。お話ししてくださるのは、感染症の専門家で、国立病院機構・三重病院 臨床研究部長の谷口清州先生です。「風邪は万病の元」と言われるわけ一般的に「風邪をひく」とは、どのような状態を指すのでしょうか?実は、「風邪」という疾患はありません。一般的に私たちが普段「風邪」と呼んでいる疾患は「風邪症候群」というもので、自然治癒傾向があるウイルス性の上気道(※1)炎をまとめてそのように呼んでいます。(※1)上気道:鼻から鼻腔(びくう)、鼻咽腔(びいんくう)・咽頭(いんとう)・喉頭(こうとう)までの呼吸器をいう。通常、医師は、鼻水や喉(のど)の痛み、咳(せき)、発熱といった上気道炎の症状がそろっているかどうか、それらの経過はどうなのかに加え、全身状態をみて風邪(症候群・以下風邪)と診断します。これは先ほど申し上げた通り、ウイルス性の上気道炎ですから、本来は抗菌薬などを使うことなく自然に治癒する疾患です。ですから、自然に治らない場合は風邪ではないということです。風邪と同じような上気道炎の症状をきたす疾患には、マイコプラズマ感染症、麻疹(はしか)などをはじめとして、川崎病や伝染性単核症など多くの疾患があります。初期症状は風邪と区別がつきませんが、徐々にそれぞれの疾患の特徴が出てきて、診断がつくようになります。昔は、これらの病気にかかっても原因が特定できず、風邪がひどくなったように見えたのでしょう。それで「風邪は万病の元」「風邪をこじらせる」などと言われるようになったのかもしれませんね。「風邪」が治らない場合に初めて、別の疾患を疑うわけですね。もちろん、最初が風邪症状であっても、ほかの症状や身体所見によって最初から別の疾患が疑われることもありますが、最初は風邪症状しかなく、全身状態が良好であれば、経過をみて考えていきます。「風邪であれば3日程度で熱は下がる」ということで、小児科には「風邪3日」ということばがあるんです。ですから、発熱が3日以上続く場合には、必ずほかの病気を考えてみます。それぞれの疾患によって経過が違いますから、それをみて診断するということですね。例えば、マイコプラズマ肺炎の場合は、最初は高熱が出て、ほとんど咳は出ません。しかし、2日目、3日目と時間が経過するとともに、だんだん咳が強くなるという特徴があります。マイコプラズマにはマクロライド系の抗菌剤が効果的ですが、自然治癒傾向もありますので、全身状態に応じてこの抗菌薬を使用します。また、患者さんの喉をのぞいてみたときに、扁桃(へんとう)が真っ赤に腫れて、膿(うみ)がつき、軟口蓋(なんこうがい)、いわゆる「のどちんこ」の上のあたりに赤い発疹がいっぱいあれば、溶連菌感染症と診断します。風邪であれば抗菌薬は処方しませんが、この疾患は溶連菌による感染症であり、きちんと治療しないと後遺症を残すことがありますので、必ず抗菌薬による治療を行います。風邪を治す薬はない?風邪のときは抗菌薬を処方しないのですか?ええ。大前提として、抗菌薬は細菌に効果があるのであって、ウイルスが原因の風邪には効きません。効果がない抗菌薬を飲み続けて、アレルギーや肝障害などの副反応が出たり、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう。いわゆる「腸内フローラ」)が乱れて下痢などが起こったりすれば、かえって免疫力が落ち、風邪も治りにくくなります。そのうえ、その人の体内にいる細菌が、投与された抗菌薬に対して耐性を持つようになってしまうリスクがあります。耐性菌が出現すれば、それが新たな感染症の原因になることもありますし、それが地域にまん延すれば、抗菌剤の効かない病原体が増加してしまって、将来「感染症の治療に使う抗菌剤がない」という状況になってしまうことが危惧されます。では「風邪に効く薬」とはどんなものなのでしょうか?世の中で「風邪に効く」と言われている薬の効果は、あくまでも症状の緩和にすぎません。例えば、チペピジンヒベンズ酸塩(商品名アスベリン)という成分の入った咳止め薬を飲めば咳を緩和することができますが、風邪が治ったわけではありませんから、薬の効果が切れればまた咳が出てきます。たとえ薬を飲まなくても、風邪であれば3日ほどでそういった症状は治まってくるでしょう。ただ、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)という観点から考えると、症状を抑えることで身体が楽になるのであれば、薬を使うという選択肢もあるかもしれません。重要な会議のときに咳をしていては、周りの人も嫌でしょうし、何より集中できませんからね。ドラッグストアなどで売られている「風邪薬」はどう活用すればよいのでしょうか。ドラッグストアなどで気軽に買える風邪薬は、基本的に症状を抑えるための薬です。ですから、市販薬で症状を抑えているあいだに十分な食事と睡眠をとって、自分の自然治癒力を高めるという考え方を持ちましょう。3日たっても症状が悪化傾向にあればすぐ病院へ風邪をひいたら、どのタイミングでお医者さんに行くのがいいでしょうか。風邪は自然治癒が前提ですから、そんなに心配して病院に駆け込む必要はありません。大切なのは、風邪なのか別の疾患なのかを見極めることです。お医者さんに行く判断の目安となるのは、3日以上高熱が持続するとか、他の症状も含めて悪化傾向にあるときです。5日以上発熱が続くようなら、絶対におかしいと思ってください。市販薬などの対症療法薬を使うかどうかに限らず、症状が悪化傾向にあったり、いつもの風邪と違う症状が出てきたりしたときは、必ず病院に行ってください。咳や鼻水がしばらく続くことはありますが、全身状態が悪くて、発熱が3日以上続くのは要注意です。病院に来てくれた患者さんにも「熱が続くようならほかの疾患や合併症も疑わなくてはなりませんから、そのときはもう一度来院してください」と伝えています。3日過ぎても症状が変わらない、逆にどんどん強くなっていくとなれば、風邪以外の病気を考えておかねばなりません。子どもで高熱が続けば川崎病や伝染性単核症、咳が2週間以上続けば、肺炎や百日咳、成人では肺結核の可能性も考えなければなりません。感染症専門医の風邪予防と対策感染症の専門医だからといって、私も特別なことをしているわけではありません。インフルエンザや風邪が流行する冬季に患者さんと接するときは、常にマスクをして、手洗いを徹底しています。でも一番大事なのは、日頃から、ビタミンを多く含む食品やヨーグルトなどの乳製品を取り入れつつバランスのよい食事を心掛けたり、適度な運動、睡眠をとったりして、規則正しい日常生活を送ることですね。風邪をひいてしまったら、本来ならゆっくり寝て身体を休めたいところなのですが、そうはいかないこともありますよね。私の場合には、自分の体力で治せるように漢方系の栄養ドリンクを飲んだり、身体を温める作用のある葛根湯(かっこんとう)や麻黄湯(まおうとう)などを使ったりすることもあります。それでも症状が強くてつらいときは、解熱鎮痛剤や咳止めなどの対症薬を飲みつつ、ほかの疾患の可能性を考慮するようにしています。このとき、最も気をつけているのは、もちろん「ほかの人にうつさない」ということです。

谷口 清州

2019.2.18

新型肺炎の症状、今すぐできる対策は? 感染症専門医が解説(最終更新:1月31日)

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。回答はこちらから。本記事の最終更新日は1月31日です1月31日、新型コロナウイルスについてWHO=世界保健機関は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言。中国では患者数が9000人を超え、死者は213人となりました。ここでは新型肺炎に関する現時点での情報と、今からでもすぐにできる対策についてまとめています。新型肺炎になるとどんな症状が出るの?中国からの報告によると、新型コロナウイルスに感染・発症した患者には以下のような症状がみられるとのことです。・発熱・全身倦怠感・乾いた咳(せき)・入院患者では呼吸困難も多い・その他、筋肉痛、関節痛、頭痛、下痢なども報告されているこれらの症状は、いわゆる風邪やインフルエンザウイルスなどに感染した時にもみられるものです。のどや鼻のあたりの炎症(上気道炎)だけでは済まず、肺にまで炎症が広がる(肺炎)と、咳や呼吸困難などの症状が全面にでて、時に血痰がでることもあります。今すぐできる対策は?現在、新型コロナウイルスが国内で感染伝播することを防止するのにもっとも重要なのは、下記の2点になります。・武漢市への渡航歴があって、上記に挙げたような症状がある人は、マスクをしたり、咳やくしゃみをティッシュでおさえたりするなどの「咳エチケット」を守ること。・武漢市への渡航歴があって、上記に挙げたような症状がある人は、公共交通機関を使用せずに、医療機関を受診して、きちんと渡航歴を伝えること。武漢市への渡航歴がない人、武漢市への渡航歴があっても発熱と気道症状がない人は、風邪・インフルエンザが流行する季節でもありますから、以下のような通常の感染症対策を続けることが大切です。・手洗い・「咳エチケット」を守る・マスクを着用する・むやみに人ごみに出かけない「咳エチケット」と「正しい手洗い」とは?咳やくしゃみの飛沫(ひまつ)による感染を防ぐため、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、服のそでを使って口や鼻をおさえることです。発熱などの自覚症状がなくても、電車や職場、学校など人が集まる場所では必ず実践してください。■3つの正しい「咳エチケット」・マスクを着用する(マスクは鼻からあごまで隙間がないように覆いましょう)・ティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆う(使ったティッシュはすぐに捨てましょう)・上着の内側やそでで覆う悪い事例としては、・せきやくしゃみを手でおさえる(その手でさわったドアノブや電車のつり革などにウイルスが付着し、他人に病気を移す可能性があります)・せきやくしゃみをするとき何もしない(病原体を含む飛沫が飛んで他人に病気を移すことがあります)■正しい手洗いの仕方・流水で手を洗います。・石けんなどを使って指から手の甲、手首まで洗います(30秒間は洗いましょう)。・2回洗うとより効果的です。・十分に流水で洗い流して清潔なタオルやペーパータオルなどで拭き取ります。流水で手洗いできない場合は、アルコールが含まれた速乾性の手指消毒剤で代用できます。感染の対策としては、インフルエンザに対する対策と同様で、基本的に手洗いと「咳エチケット」を守ることだと思います。新型コロナウイルス感染症の疑いがあるときは?武漢に滞在歴があり、日本に入国後2週間以内に発熱や気道症状が出た場合、新型コロナウイルス感染症の疑いがあります。厚生労働省は、住んでいる地域の保健所に連絡をした上で、すみやかに医療機関を受診するよう呼びかけています。その際、武漢に滞在していたことを申告してください。また、不要な外出を避け、「咳エチケット」を守るようにしてください。現在までのところ、無症候性(症状がない)感染例や軽症例の感染性についてはよくわかっておりませんので、武漢に渡航歴のある人と接触したあと、発熱や気道症状が出た場合も、上記同様にすみやかに医療機関を受診してください。新型コロナウイルス感染症が重症化すると肺炎になります。65歳以上の高齢者、あるいは心臓や肝臓に病気を持つ人、糖尿病患者などは命にかかわることがあります。しかし、まだ肺炎の発症や死亡のリスクについてはまだわかっていないことも多くあります。ニュースなどで今後の状況の変化に注意してください。新型コロナウイルスに関するコールセンター編集部追記(1月29日):1月28日、厚生労働省が新型コロナウイルスに関するコールセンターを設置しました。・厚生労働省の電話相談窓口: 03-3595-2285・受付時間:9時00分~21時00分(週末や祝日を含め、毎日午前9時~午後9時まで対応)【解説】コロナウイルスとは?コロナウイルスの中でも、これまでにヒトに感染すると判明しているものは、本来はほとんどがいわゆる「風邪症候群」を起こすウイルスです。ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1で、風邪症候群の10~15%(流行期は35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とします。過去に深刻な流行を起こしたSARSとMERSは、動物のコロナウイルスが人間世界に入ってきたものです。参考サイト・新型コロナウイルスに関するQ&A - 厚生労働省・新型コロナウイルス(2019-nCoV) - NIID 国立感染症研究所・咳エチケット – 厚生労働省・新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について – 厚生労働省・Coronavirus - World Health Organization: WHO・特設サイト 新型ウイルス肺炎|NHK NEWS WEBアンケート調査にご協力くださいOpenDoctorsではみなさまの声を元にサイトを改善するため、5分程度でできる匿名のアンケートを実施中です。アンケート回答はこちらから。

谷口 清州

2020.1.31

【谷口先生に聞く新型コロナの疑問】2009年流行の新型インフルみたいに「軽症なら入院不要」ができないのはどうして?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、軽症の場合であっても、感染が分かったら必ず隔離されることになっています。2009年に流行した新型インフルエンザは「軽症なら入院しなくてもよい」ということになりましたが、今回の新型コロナと何が異なっていたのでしょうか?感染症の専門家でもある国立病院機構三重病院の谷口清州医師が解説します。新型コロナで「軽症なら入院不要」ができない理由今回の新型コロナウイルスの流行では、患者数の増加に伴い医療現場がひっ迫してくると、コロナで陽性と診断されても軽症ならば自宅療養となるケースがありました。コロナは「指定感染症」に認定された疾患なので、法律的には陽性と診断された患者は入院させなければいけません。ただ、病床のキャパシティが足りなくなった場合に、自宅待機(自宅隔離)という選択肢が生まれています。2009年の新型インフルエンザのときも、最初のうちは軽症でも入院させていましたが、患者数が増加するにつれ、ベッドが足りなくなり、そして同時に軽症例が多いことが判明してきたこともあって、軽症では入院させなくなりました。しかしながら、これは迅速診断キットや抗ウイルス薬が普及している、比較的身近なインフルエンザという疾患だったから、というのが一因です。もっとも大きな理由としては、この時の新型インフルエンザであったA/H1N1pdm09に、過去に流行した季節性インフルエンザであるA/H1N1(ソ連型)ウイルスと共通の抗原性があったためで、日本人の多くの人が基礎免疫を有していたからです。平たく言うと、私たちは2009年の新型インフルエンザに対峙したとき、すでによく似たインフルエンザウイルスに対する免疫を持っており、「応用が利く状態であった」ということ。こういうわけで、入院隔離して感染の拡大を防止する必要性に乏しかったのです。しかし、今回の新型コロナに関しては、私たちは共通の抗原性を持つウイルスの基礎免疫を持っていません。しかし、軽症例が多いということは分かってきているので、コロナも今後まん延し、多くの日本人が免疫を持つようになれば、入院措置が必要である「二類感染症」(鳥インフルエンザ、SARSコロナウイルス、MERSコロナウイルスなど)ではなく、普通の感染症に分類されるかもしれません。そうすれば、現在の季節性インフルエンザと同じような対応になっていくでしょう。ただ、今はまだ日本人の何十%もコロナにかかっている状況ではないので、まだその時期ではありません。「軽症であっても感染したら入院必須」は今後も続く?入院には治療と隔離という二つの意味があります。重症なら治療のための入院が必要ですが、軽症であっても周囲への感染を防ぐために隔離しなければいけないので、入院やホテルでの宿泊療養が必要になるのです。今回、病院以外の施設も実際に運用されましたので、かならず来ると言われている第2波、第3波の時は、そのような施設での療養になるでしょう。もちろん、このような施設まで一杯になってくれば、軽症の人は自宅待機(自宅隔離)とせざるを得ない状況になるでしょう。まとめ2009年に流行した新型インフルエンザが「軽症なら入院不要」になったのは、日本人の多くによく似たウイルスへの基礎免疫があったから。今後多くの人が新型コロナの免疫を持つようになれば、普通のインフルエンザのような扱いになるかもしれないが、今はまだその時期ではない。入院には治療と隔離という意味がある。今後はホテルなどの施設で入院療養が増える可能性も。

谷口 清州

2020.5.27

心不全ってどんな病気? 原因・症状・治療方法は

テレビの報道などでもよく耳にする「心不全」。実は病名ではないって、ご存じでしたか? 心臓の病気だと思われがちですが、「心不全」とは病名ではなく、心臓のはたらきが悪くなった結果起こる状態を指しています。石川先生に詳しく解説していただきましょう。心不全って病気?簡単にいうと?心不全とは病名ですか?「心不全」はポンプである心臓の能力が落ちてしまった状態で、病名ではありません。よく比較される「心筋梗塞」は、「心不全」の原因のひとつですね。「心筋梗塞」が起きたけれど、心臓の筋肉は死なずに生き残った。しかし、心臓のポンプ機能は低下してしまった、という状態を「心不全」といいます。心筋梗塞の他にも心不全の原因はありますか?以前は高血圧が心不全の大きな原因でしたが、血圧を下げるよい薬が出てきたこともあって、この20年くらいは心筋梗塞を原因とする心不全が増えています。高血圧が心臓に悪さをしているということですか?そう。例えば、われわれが重たいバーベルを毎日持ち上げていると、筋肉隆々になりますよね。それと同じで、血圧が高いと、心臓はその高い血圧に逆らって血液を送り続けなくてはならないから、心臓の筋肉が太ってしまう。それを「心肥大」と呼ぶんです。心臓が太るとどうして心不全になってしまうのですか?心臓が肥大すると、血液を送る力は強くなりますが、高血圧のまま血液を送り続けていると、そのうち心臓が疲れて、へばっちゃうんです。そうすると、ポンプそのものの能力が落ちてしまいます。原因が心筋梗塞でも高血圧でも、心不全のポイントは心臓のポンプの能力が弱くなってしまうということです。心不全の検査・症状は?どんな検査をすると心不全であることがわかるのでしょうか。エックス線(レントゲン)検査で心臓の大きさを、超音波検査で心臓の動きを確認することができます。また最近は、血液検査で、心臓に負担がかかると分泌されるBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)というホルモンを測ることで、心不全や心肥大を発見できるようになりました。どんな症状が現れたら、心不全を疑えばいいのでしょうか?高血圧や動脈硬化、糖尿病の方は、手足がむくむ、息切れがする、ちょっと動いて息切れがするなどの症状が出たら、できるだけ早く受診してください。特に、高血圧が長く続くと心臓がへばってしまって、命に関わる重度の心不全になることがあります。そうならないためにも、普段からしっかり血圧をコントロールしておくことが重要です。心不全の治療とは?心不全になってしまったら、どんな治療をするのでしょうか?利尿剤と交感神経への刺激を抑える薬の2種類を組み合わせて飲むことが多いですね。心不全になり、心臓のポンプのはたらきが落ちると、全身にうまく血液が巡らないので、腎臓で尿が作られにくくなります。そうすると、本来外へ出るはずの尿が、水分として体の中にたまっていきます。利尿剤を使ってその水分を外に出すことで、心臓への負担を減らします。交感神経への刺激を抑える薬というのはどういう薬ですか?心不全になって心臓の動きが悪くなると、われわれの脳は心臓に「もっと働け」と、交感神経を通じて指令を出します。結果として心臓をいじめてしまうことになるので、薬で交感神経の活動を抑えています。心不全にならないための予防や、気を付けるべきことはありますか?高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などの病気をもっている人は、病気を放置することなく、早めに治療することを心がけておくといいと思います。そうすることで、もし心不全になっても、軽い症状で済ますことができますからね。インタビュー・文:たなか みえ/イラスト:浅海 司

石川 義弘

2018.5.28

新型コロナ、大都市圏では「感染しているかも」の前提で行動を。地方も他人事ではない

もはやコロナウイルスの感染伝播を止めることは難しい新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は瞬く間に世界に広がり、世界保健機関はパンデミックを宣言しました。4月2日時点では、世界中で88万人を超える感染者が報告され、死者は4万人を上回っています。当初中国の湖北省に始まったアウトブレイクは徐々に中東とヨーロッパに広がり、ヨーロッパで急激な拡大とともに北米と南米に広がりつつあります。一方で、日本は地域封鎖や外出禁止令などの出ている欧米に比べて、患者の増加速度は緩やかです。図.国別の累積感染者数の推移(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」[ 2020年3 月19日 ]より)この理由は明確にはわかりません。おそらくですが、幸か不幸かダイヤモンド・プリンセス号でのアウトブレイクがあったため、早くから意識が高まったこともあると思いますし、なによりも、各地方自治体の保健所の方々のアウトブレイク対応、すなわちCOVID-19の患者さんが1人見つかったら、すみやかにその濃厚接触者を特定して、そこから先への感染伝播を防いでいる、ということが大きいと思います。そして、ほとんどの濃厚接触者の方が、人との接触を避けて自宅待機をくださったということにも感謝したいと思います。また、Social Distancing(社会的に距離をとる、人ごみを避けること)と言われるような、人と人の距離を離して接触頻度を軽減するために、学校閉鎖、大規模イベントの中止、外出自粛や自宅勤務の奨励なども行われました。みなさんがこれに非常に協力的であったということも大きな要因だと思います。しかしながら、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、人類にかなり適応していることには間違いないようです。ウイルスというものは、生きた細胞の中でしか増殖できませんので、生きた細胞から生きた細胞へ、人から人へ感染することによってその生命を維持します。次の人に感染できなくなると、ウイルスはそこで止まってしまって死滅してしまうのです。エボラ出血熱のように感染すると非常に重篤になり、ほとんどの人を殺してしまうようなウイルスは、自分もそこで絶えてしまうので、ヒト世界では生き残れません。一方、このウイルスは、多くの人では軽症です。不顕性感染といって、ほとんど症状がないのにウイルスを保持している人が見つかっています。また、一度ウイルスが陰性になった人が再び陽性になったということが報告されています。このようにウイルスに感染していて、かつ症状の軽い人がたくさんいれば、すなわち人間と共存できれば、この人が歩き回ってウイルスを広めてくれるので、ウイルスにとってはその生存にとっても都合が良いわけです。このような特性から、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は効率よく、ヒトからヒトを渡り歩いて生存しているようで、今後もその感染伝播を止めることは難しそうです。大都市圏の人は「感染しているかも」の前提に立った行動を実際、東京を含む大都市圏では、感染伝播経路がよくわからない患者さんが多くなってきており、徐々に地域内での広がりを見せています。現状では見えていない感染伝播経路がどのくらいあるのかわかりませんが、軽症例が多いと、患者の発生状況が見えませんので、知らないうちに地域に広がることがあります。そのなかで、時に出る症状の比較的強い人が発見されて、患者として認識されることがあります。以前には1968年に新型インフルエンザとしてパンデミックを起こした「香港」インフルエンザは、当初は似たような流行形態をとり、「くすぶり流行」として、大きな流行をおこさずに全国にばらまかれ、その後一気に大流行となっています。東京都では外出自粛の要請が出され、電車や繁華街などが閑散としている様子も報道されています。感染伝播経路がわからない場合には、クラスタ対策は徐々に難しくなるので、このようなSocial Distancing戦略を取るしかありません。東京都を含む首都圏では、症状がなくとも「自分は感染しているかもしれない」という考え方に切り替える必要があります。若い方であっても重症化するリスクがないわけではありません。まずはご自分の身体を守るために、3つの「密」(密閉空間、密集場所、密接場面)の重なりを避けてください。しかし、うつされない方法を考えるだけではもう不十分です。感染経路不明の症例がこれだけ多く出ている今は、自分が感染していてウイルスを排出しているかもしれないという前提に立って、地域に広げない方法を考える段階に入っています。大都市圏以外に住んでいる人も決して「他人事」ではない一方で、お住まいの地域ではすべて伝播経路が追えており、誰から感染したかが不明な症例は見つかっていないので、そこまで不安には思っていないという方もいらっしゃるでしょう。少しマスクをつける人が増えたものの、日用品の買い物にも行くし、友人との集まりがあれば顔を出す。まだどこか新型コロナウイルスの感染を「他人事」ととらえている方も多いのではないでしょうか。たしかに感染伝播の経路が追えている地域では、知らない間に感染が広がっているという状況ではないと思われます。そのようなことから、そろそろこの「自粛ムード」を打破してもよいのではとの議論も聞こえてきますが、はたしてそうでしょうか。今お住まいの地域が、東京・大阪・愛知を含む、感染が広がっている地域との交流を絶って鎖国をするというのであれば話は別ですが、現実的にはそういうことはできないでしょう。そうであれば、遅かれ早かれ、あなたがお住まいの地域にも感染者は入ってきます。たくさん入ってくるようになれば、現在の東京のように誰から感染したかわからない患者も増えてくるでしょう。現在「オーバーシュート」と呼ばれているような、患者数が急激に増加するような事態になれば、医療費削減などでどんどん病床数を減らされている昨今の医療体制など、簡単に破綻してしまうと考えられます。ほんの数週間後、病院に人があふれ、人工呼吸器や人工心肺装置が足りなくなり、「残念ですが治療はできません」と言われる可能性はゼロではないのです。そして、こうなってしまえば、地域封鎖を行っても患者数はどんどん増加します。これは社会全体に、そして日本の未来に、大きく影響を与えます。現在は、「私の住んでいるところは大丈夫だから、イベントなどもすべて解禁しよう」ということではなく、毎日の報道で見られているイタリアやスペイン、ニューヨークの状況を考えて、自分たちはいま何をすべきかを考えていく時期だと思います。今後はどんな心構えで、どんな対策をすればよいのか地域内で感染がまん延しつつあるときに接触頻度の軽減政策を行うことは、実際に感染を減少させる効果があります。これについては、過去の1918年のスペインインフルエンザのときの米国の経験が、学術論文として報告されています。フィラデルフィア市では人口の10%程度が感染してはじめて教会・学校・劇場・公共娯楽施設を1週間閉鎖しただけでしたが、ここでは人口10万当たり死亡率は13,000を記録しました。一方、セントルイス市では、人口の2.2%が感染した時期、最初の死亡例が報告された時点で、劇場・映画館・学校・プール・ビリヤード場・日曜学校・キャバレー・ロッジ・社交場・ダンスホール・野外での集会を即座に閉鎖・中止し、それを2カ月続けました。ここでは人口10万当たり死亡率は1,800程度であったと記録されています。セントルイス市では、封鎖を解いた後若干の死亡率の上昇がありましたが、それでも全体の死亡率はフィラデルフィア市の10%程度ですんでいたわけです。この論文は、外出自粛・学校閉鎖などのSocial Distancingは感染伝播を遅らせるのには十分な効果があるということを示しています。いま、いろんなことをすべて解禁してしまってよいという時期ではありません。「これから少しずつ広がるところかも知れない」と思って、慎重にゆっくり一歩を踏み出すことが求められます。状況によっては、すぐに足を引っ込めなければならないかも知れないのです。また、上述の論文は、今後感染が爆発的に広がっていくことを予防するためには、このような接触頻度の軽減政策は、早ければ早いほど、厳密であればあるほど効果は大きいということも示しています。ゆえに、オーバーシュートすることが予見される場合には、早期に完全な封鎖を行うことが必要になります。当然のことながら、すでに爆発してしまってからでは遅いのです。早期に完全に地域を封鎖して外出禁止としてしまうことは、社会経済的にはかなり大きなインパクトがあり、日常生活にも大きな影響がありますが、それによって多くの命が救われることになります。「分からないことだらけ」で当たり前、臨機応変に対応をもともと風邪のウイルスだから、暖かくなれば自然に減っていくのではないかと思われるかもしれません。確かに季節性のインフルエンザは冬季に流行し、暖かくなると減少します。しかし、アジアの亜熱帯地域や熱帯地域ではインフルエンザは暑くてジメジメした雨季に流行することをご存知でしょうか。2009年の新型インフルエンザ(A/H1N1pdm09)は、夏から流行が始まりました。気温や湿度は、感染症流行の絶対条件ではなく、人の免疫状態によるところが多いと考えられています。実際、このSARS-CoV-2は現在暑い南半球やアフリカでも広がっていますし、このウイルスに対して人類のほとんどが免疫を持っていないということが影響していると思われます。しかしながら、暖かくなると落ち着くのではないかという意見には全く根拠がないわけでありません。動物実験では、気温が30℃を超えると飛沫の中のウイルスの安定性が落ちて、感染性が低くなると言う報告があります。また、気温や湿度が低いと人の喉の上皮の繊毛運動が低下し、より感染効率が良くなるために、寒いときに流行しやすくなるというデータもあります。これにより、暖かくなると感染伝播効率が落ちると考えるのは決して的外れでとも言えないのです。このウイルスは発見されて数カ月ですから、まだまだわからないところも多いので、今後どうなるかは実際に経過をみてみないとわかりません。もちろん、人類にははじめての経験ですから、わからないのが当たり前であって、注意深く状況をみながらいろんなことを進めていく以外に方法はないのです。参考サイト新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)令和2年4月1日時点版 - 厚生労働省感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~ - 首相官邸Q&A on coronaviruses - WHO新型コロナウイルス(2019-nCoV) - NIID 国立感染症研究所特設サイト 新型ウイルス肺炎|NHK NEWS WEB

谷口 清州

2020.4.2

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会