お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

早稲田大学特命教授

笠貫 宏

プロフィール

早稲田大学 特命教授、医療レギュラトリーサイエンス研究所 顧問。
東京女子医科大学 名誉教授、一般社団法人日本循環器心身医学会理事長。
Open Doctorsの監修医師。
「オープンドクターズ」では、症例を通じて、患者さんが症状や悩み、治療法等を学び、医師と双方向性のコミュニケーションをとり、新たな医師と患者の信頼関係の構築に貢献できることを願っています。

略歴

1967年千葉大学医学部卒業
1997年東京女子医科大学循環器内科学講座主任教授

その後、東京女子医科大学付属日本心臓血圧研究所所長、早稲田大学理工学術院先進理工学研究科生命理工学専攻教授、東京女子医科大学学長(2013年)を経て、現在は早稲田大学特命教授として、医療レギュラトリーサイエンスの研究・教育にあたる。

日本循環器心身医学会理事長、日本臨床試験研究会監事、日本蘇生協議会最高顧問 日本循環器学会特別会員、日本心臓病学会名誉会員、日本不整脈学会名誉会員、日本心不全学会名誉会員、日本心電学会名誉会員、日本心臓リハビリテーション学会名誉会員、日本性差医学医療学会名誉会員、日本予防医学会等理事を歴任

笠貫 宏先生の記事を読む

笠貫先生と「生きる、老い、病み、死ぬ」を考える

みなさま、Open Doctorsへようこそ。このOpen Doctorsという取り組みは、現在の医療が抱える課題に立ち向かうために始めたものです。しかし、医療の土台とも言える「社会」についてよく知らないまま、その課題を解決することはおそらく難しいでしょう。このコラムでは、私たちを取り巻く社会や、社会が抱えている課題についても思いを巡らせ、人はこの社会でどう「生まれ、老い、病み、死ぬ」のかについて考えていきたいと思っています。「生まれ、老い、病み、死ぬ」と言いましたが、何人(なんぴと)もこれを避けることはできません。仏教ではこれを「生老病死」として、人間の根本的な「4つの苦」であると説いています。一方で、「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」「苦楽一如」「苦は楽の種」……なんてことわざもあります。昔から人は、「苦」のあとに必ず「楽」があると信じて、つらい時を乗り切ってきたことが分かります。生まれてから死ぬまで、老いたり病んだりと人はさまざまな「苦」に直面しますが、そのあとの「楽」を思って生き、生かされる。それが「人生」です。さて、私たちが生きる21世紀においては、IT(情報技術)やAI(人工知能)をはじめとする科学技術が目覚ましい進歩を遂げています。それによって恩恵を受ける反面、価値観の多様化や貧富の差の拡大により、世界は混乱・混迷を深め、地球温暖化など人類のみならず地球の危機さえ叫ばれています。わが国はこれまで人類が経験をしたことのないスピードで少子超高齢社会に突入し、団塊世代が後期高齢を迎える「2025年問題」、そして深刻な人口減少社会に直面しようとしています。その中で我々はどのように「生まれ、老い、病み、死ぬ」のかを受けいれ、人生を生きるか、考えなくてはなりません。もっと言えば、いかにして人間らしく健全な生活をし、幸福を追求し、健やかに老い、尊厳ある死を迎えるかについて、自らの問題としてそれぞれが真剣に考え、備えるべき時期に来ているのです。このコラムでは、日本人が抱えるこれら多くの課題について、具体的に皆さんと学び、考えていきたいと思います。例えば、「生まれる」こと。古来、出産は母親にとって命がけの出来事であり、明治時代に入った1900年でも、母子ともにその死亡率は高いままでした。現在では、医学と医療技術の進歩、医療制度・国民皆保険制度の整備、高度経済成長などにより、いずれの死亡率も著明に改善しています。ところが20世紀後半、豊かな生活の中、救える命も増えたはずの日本で出生率の低下が社会問題となり、この国は少子化社会に突入しました。古代から近現代に至るまで、新しい命の誕生は人びとに笑顔と幸福をもたらし、世代継続をかなえるためにも非常によろこばしい出来事でした。もちろん親の苦労は今と変わらず相当なものだったでしょうが、多少の「苦」を伴うことはあったとしても、本来「生まれる」ことは「楽」、人にとっての楽しみであったはずです。しかし、この現代においては、子を持つことを「苦」としか思えず、その先に「楽」を見いだせない人が増えている……。私はそんな風に考えています。これは一体なぜなのでしょうか。そして、その先にはどんな未来が待っているのでしょうか。自分自身の問題として、次回から掘り下げて考えてみることにしましょう。

笠貫 宏

2018.5.28

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会