お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

監修医師 梅村 将就の写真

横浜市立大学 医学部 講師・医学博士

梅村 将就

プロフィール

横浜市立大学医学部医学科 循環制御医学教室・講師。
医学博士、日本内科学会 総合内科専門医、日本循環器学会認定 循環器専門医。
大学病院や市中病院での勤務を経て、ラトガース大学留学後、現職。
医学部生・理学部生及び大学院生(修士・博士課程)への講義、実習及び研究指導を行っている。
横浜市立大学医学部・ベストティーチャー個人賞を3年連続受賞(2018年、2019年、2020年)。

略歴

横浜市立大学大学院医学研究科博士課程修了
市中の病院で循環器内科医として勤務後、ラトガース大学へ米国留学。
2012年に帰国し、横浜市立大学医学部医学科循環制御医学に赴任し、現在に至る。

横浜市立大学大学院 医学研究科 循環制御医学

梅村 将就先生の記事を読む

【マンガで解説!糖尿病③】 糖尿病は予防できる! まずはどの数値を見ればいい?

糖尿病予防のために「血糖値」と「HbA1c」の数値を把握しよう糖尿病を予防するには、健康診断での数値のチェックが大切です。そこで知っておきたいのが「血糖値」と「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」のこと。血糖値なら知っているけど、HbA1cは知らない……という人もいるかもしれません。イシ先生の解説を読んで糖尿病の予防に役立てましょう。イシ先生のひとこと血糖は食事の影響を受けるのに対して、HbA1cはだいたい2カ月ぐらいの血糖を反映するので、直前の食事の影響を受けにくい糖尿病の指標として検査でよく利用されています。まとめ糖尿病を予防するには、健康診断を受けて「血糖値」と「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の値をチェックしてください。血糖値を見ることで「血糖値が高いかどうか」、HbA1c値で「それが続いていないか」を見ています。空腹時の血糖値が126㎎/dL以上、HbA1cの値が6.5%以上などの検査結果と問診結果を総合して糖尿病を判断します。2型糖尿病の治療法は、運動療法、食事療法、薬物療法の3つです。糖尿病は初期の段階なら生活習慣を正せば元の数値に戻せるので、健康診断での数値の確認を欠かさないようにしましょう。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.9.17

【マンガで解説!糖尿病②】 糖尿病は糖が血管を傷つける恐ろしい「血管病」!

食べすぎが内蔵や血管をいじめている? これが糖尿病のメカニズム「国民病」と言われる糖尿病ですが、実態は恐ろしい「血管病」。ごはんの食べすぎがどのように血管や内蔵を痛めつけているのでしょうか?イシ先生にわかりやすく説明してもらいます。イシ先生のひとことインスリンの作用が十分に発揮できない状態を「インスリン抵抗性」といいます。原因としては、遺伝、肥満、運動不足、高脂肪食、ストレスなどが挙げられます。まとめ糖尿病は血糖値(血液中の糖の割合)が高い状態が続くことです。99mg/dL以下なら正常ですが、100~125㎎/dLなら要注意、126㎎/dL以上は異常となります。血糖値が高い状態が続くと、インスリンの量が減少して血糖値を下げることができなくなり、血管が「砂糖漬け」の状態になって動脈硬化が進行します。血管の障害が網膜で起これば失明につながり、腎臓で起これば腎不全を引き起こします。糖尿病には遺伝も関係しています。両親のどちらかが糖尿病なら注意が必要です。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.9.10

【マンガで解説!糖尿病①】 患者数は増加傾向! 糖尿病を放置するとどうなる?

自覚症状がなくても糖尿病を放置していてはいけない理由とは?国内の患者数が1000万人を超えて、もはや「国民病」とも言われる糖尿病。実は恐ろしい血管病ですが、初期は自覚症状がまったくないので知らない間に進行することも。糖尿病を放置すると、QOL(生活の質)に大きく影響する重い病気に発展しかねません。その恐ろしさをイシ先生が解説します。イシ先生のひとこと1型糖尿病は自己免疫疾患などが原因で、インスリン分泌細胞が破壊されて引き起こされるものです。2型は遺伝的要因に食べすぎや運動不足などの生活習慣が重なって発症します。まとめ糖尿病は、初期の頃は自覚症状がないため気づきにくいのですが、放置すると大きな病気を引き起こす可能性があります。糖尿病には、免疫の異常が原因の1型と生活習慣が主な原因の2型がありますが、2型が患者数の9割以上を占めます。糖尿病が進行すると、足などが腐る壊疽(えそ)、腎臓の機能が低下する腎不全、失明などが起こりえます。糖尿病は初期のうちに手を打つことが大切です。文:Open Doctors編集部作画:よしはな監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.9.3

【マンガで解説!高血圧③】高血圧だとわかったら誰に相談するべき?

高血圧だとわかっても大きな病院に行けばいいわけではない?高血圧の発症に深くかかわっているのが、生活習慣です。原因は一つではありませんが、高血圧だとわかったら、まずは生活習慣を改めなければいけません。誰に相談すればいいのか、イシ先生に解説してもらいます。イシ先生のひとこと日本人の高血圧の大部分は食塩の過剰摂取などが原因の本態性高血圧ですが、それ以外に甲状腺や副腎などの病気が原因で高血圧を起こす二次性高血圧があります。まとめ高血圧は日頃の生活習慣や加齢、ほかの疾患などの要素が絡み合って発症します。高血圧だとわかったら、まずは大きな病院ではなく、持病や生活習慣をよく知っている「かかりつけ医」に相談してください。ほかの病気や治療が原因で高血圧になることも。その場合、医師とも相談して原因の病気を治療しましょう。文:Open Doctors編集部作画:ぐっちぃ監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.8.27

【マンガで解説!高血圧②】塩分、喫煙、加齢……高血圧の原因って何?

高血圧の原因はたくさん! 自分が高血圧かどうかを把握しよう高血圧の原因は、塩分、喫煙、加齢など、たくさんあります。どんな原因があるのかを把握した上で、自分が高血圧かどうかを常に意識しましょう。イシ先生に詳しく解説してもらいます。イシ先生のひとこと高血圧の主な原因は食塩の過剰摂取です。日本高血圧学会は、高血圧患者における減塩目標を1日6g未満にすることを推奨しています。麺類の汁を残せば2~3g減塩できます。まとめ高血圧を引き起こす原因は、塩分の過剰摂取、過度の飲酒、喫煙、ストレス、加齢、肥満などです。正しい血圧を知るには、家庭で決まった時間に血圧を測る習慣をつけましょう。血圧は朝と夜に2回ずつ測って平均値を記録し、週に5日以上は測りましょう。数値が高ければ、主治医に見せて相談してください。文:Open Doctors編集部作画:ぐっちぃ監修:横浜市立大学 医学部 講師・医学博士 梅村将就

梅村 将就

2020.8.20

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会