お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

とうにょうびょう

糖尿病

糖尿病のQ&A

概要編

ドクター

A.血糖値が高い状態が続く病気です。血管が過剰な糖にさらされ続けることによって動脈硬化が進み、さまざまな病気につながります。
糖尿病には大きく分けて1型と2型がありますが、ここでは圧倒的に患者数の多い2型糖尿病について詳しく解説します。

糖尿病患者の約95%以上、成人患者のほとんどが2型糖尿病です。1型糖尿病はなんらかの原因で自分の免疫機能が膵臓を攻撃し、血糖値をコントロールするインスリンというホルモンが分泌されなくなる病気で、若年での発症がみられます。一方、2型糖尿病はよくない生活習慣によって、血糖値が高い状態が続くようになる病気です。

ドクター

A.膵臓から分泌されるインスリンは血糖値を下げるホルモンで、このインスリンの分泌量やはたらきが低下すると高血糖になり、糖尿病につながります。
インスリンは、食べ物から吸収された糖分を、血管を介して全身の細胞に取り込ませ、細胞内でエネルギーを生み出す作用を促します。

膵臓から分泌されるインスリンの量が不足(インスリン分泌障害)したり、インスリン自体のはたらきが低下(インスリン抵抗性)したりすると、糖分が細胞に取り込まれずに血液中にたくさん存在するようになってしまいます。これが高血糖の状態です。

ドクター

A.合併症である糖尿病網膜症が重症化すると失明する危険があります。
糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並ぶ、三大糖尿病合併症の一つです。

糖尿病によって、眼球の網膜に張り巡らされた細い血管に、出血やつまりなどの障害が起こります。しかし、初期段階の障害では自覚症状はありません。糖尿病を発症して数年から10年以上経ってから発症するケースが多く、相当重症になるまで自覚症状は現れません。

多くの場合、重症化して一度落ちた視力は元に戻りません。糖尿病網膜症で失明する患者は年々増加傾向にあり、日本で年間3000人になるといわれています。早期発見と治療が大切なので、糖尿病と診断された人は、定期的に眼科で眼底検診を受けましょう。

原因編

ドクター

A.摂取した糖分からエネルギーを生み出すという体のはたらきが正常でなくなり、使われない糖分が血液中に増えることで起こります。
体のはたらきが正常でなくなる原因は、過剰な食事や飲酒・運動不足・ストレス・肥満といった、悪い生活習慣や遺伝などにより引き起こされます。
悪い生活習慣を続けることにより、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌やはたらきに悪影響が出て、血糖値が下がらない「高血糖」の状態になってしまいます。この状態が続くと2型糖尿病と診断されます。

ちなみに、高血糖の状態が高くなりすぎると糖は尿と一緒に排出されるようになりますが、「尿に糖分が含まれていない=糖尿病の可能性がない」というわけではありません。

症状編

ドクター

A.糖尿病の症状は、かなり進行しないと出てきません。
症状には、異常な食欲やのどの渇き・多飲・多尿・倦怠感(体のだるさ)・体重減少・皮膚のかゆみ・吹き出物・傷が治りにくくなるなどがあります。

さらに糖尿病が進行すると、性欲減退・視力低下・手足のしびれ・こむら返り・歯周病の悪化・足のむくみなどが起こります。最悪の場合、合併症で失明や腎不全、脚などの壊疽(えそ)につながります。

治療編

ドクター

A.主に食事療法、運動療法、薬物療法の3つを組み合わせて治療します。
3つの中で一番重要なのが食事療法です。適正体重に合わせた1日の摂取カロリーの目標値を決め、食生活をコントロールします。

2型糖尿病には、インスリンのはたらきを高める運動療法も必要です。ウォーキングなどの有酸素運動を、無理なく長期間にわたって継続することになります。自分の体形や体力に見合った負荷や運動量については、医療機関でアドバイスを受けましょう。

「食事療法と運動療法だけでは改善しない」と医師が判断した場合などは、薬物療法が行われます。薬物療法には、血糖値を下げる薬やインスリンの注射などが用いられます。インスリン注射は患者さん自身が日常的に行うことになります。妊娠糖尿病の場合もインスリン注射を使います。

ドクター

A.糖尿病と診断されたら、食生活の改善や運動の習慣化、薬物療法を行うこと以外にも気をつけるべきことがあります。
食事では、一気食いをしない、食事と食事の間に時間を設ける、などに気をつけて、血糖値を一定の範囲内に保つように心がけましょう。
運動をするときは、空腹時と食事直後は避けましょう。食後1~2時間後に有酸素運動するのが効果的です。

薬物療法を行っている場合は、低血糖に注意する必要があります。食事を抜いたり、過度の運動を行ったりすることはやめましょう。
低血糖になると、動機や発汗、頻脈、顔面蒼白などの症状が起こります。さらに悪化すると、頭痛や目のかすみ、眠気、意識がもうろうとする、異常行動、けいれんなどが起こり、昏睡状態に陥れば命の危険もあります。
薬物療法をしている方は、低血糖の自覚症状が疑われたら、すぐにブドウ糖を摂取できるように準備しておくとよいでしょう。

ドクター

A.確かに糖尿病の原因は、糖質の摂りすぎです。しかし糖質が多い食品は、砂糖が使われている甘いお菓子だけとは限らないので注意が必要です。
お米やパンやうどん、パスタなどの炭水化物は糖質が多く含まれています。イモ類やカボチャ、トウモロコシ、レンコン、果物なども糖質が多い食品です。飲み物では、ジュースはもちろん、ビールや日本酒、梅酒やカクテルなどのお酒にも注意が必要です。

しかし、糖質を全く摂らない過度な糖質制限を自己判断で行うのも危険です。医師に相談するなどして、適度な糖質制限を知りましょう。

予防編

ドクター

A.血液検査の結果にある「血糖値」と「HbAlc(ヘモグロビンエーワンシー)値」をチェックしましょう。
健康診断前の数時間は飲食を禁止されているので、ここで調べられる血糖値は空腹時血糖値です。空腹時血糖値が126mg/dL以上、HbAlc値が6.5%以上を示している場合は、糖尿病と判断されます。どちらか片方でも基準値を超えている場合は再検査を受けましょう。

また、正常でもないが糖尿病と診断されない、空腹時血糖値が110~126mg/dLの場合は「境界性」といわれます。このケースは糖尿病に移行する可能性が高いことから、生活習慣の改善などが必要です。境界性の人は糖尿病患者と同程度、動脈硬化のリスクがあるので、医師に相談してください。

ドクター

A.糖尿病の症状には体重減少もあるので、必ずしも肥満体形の人ばかりとは限りません。また、妊娠中も高血糖になりやすくなります。
糖尿病になると、血液中の糖分が筋肉細胞や脂肪細胞などに取り込まれにくくなります。これらの細胞がエネルギー不足になると、細胞内のタンパク質や脂質が分解されて痩せてしまうことがあります。

女性に気をつけてほしいのが妊娠糖尿病です。妊娠中は胎盤から、インスリンのはたらきを弱めてしまうホルモンが大量に分泌されます。そのため高血糖になりやすく、母体や新生児に悪影響を及ぼす恐れがあります。
出産すると正常に戻るケースが多いですが、妊娠糖尿病から本格的な糖尿病になることもあります。

ドクター

A.糖尿病を患ったときに気をつけたいのは、3つの慢性合併症と急性合併症です。
糖尿病になると、免疫が落ちて感染症にかかりやすくなったり、神経障害や血管障害を起こしたりと、全身に悪影響を及ぼします。

特にかかりやすい慢性合併症として、失明につながる糖尿病網膜症、尿毒症や腎不全につながる糖尿病性腎症、しびれや痛み、壊疽(えそ)を引き起こす糖尿病性神経障害があります。これらは糖尿病の三大合併症として有名です。

急性合併症には、口の渇きや多飲・多尿・体重減少・倦怠感(体のだるさ)・悪心・嘔吐・腹痛などの症状を引き起こす糖尿病ケトアシドーシス、意識障害や脱水症状、昏睡状態に至ることもある高浸透圧高血糖状態などがあります。

他にも、太い血管の障害による脳卒中や虚血性心疾患、動脈硬化にも注意が必要です。これらの合併症を防ぐためにも、早期治療が大切です。

あなたの家族や友人にもこの情報を伝えませんか?

家族や友人にもこの情報を伝えませんか?

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会