お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

とうにょうびょう

糖尿病

最終更新日:2018.5.28

糖尿病は、インスリンが少なくなったり、うまく働かず効果が弱まったりすることで、血液中からブドウ糖をうまく取り込めなくなってしまう病気である。生まれつき糖尿病の人、生活習慣が原因でかかってしまう人、治療の合併症で発病してしまう人など、その原因もさまざまなのが特徴である。

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

糖尿病に関連する症例

高血圧治療中の被殻出血。手術せず薬物治療で回復

年齢/性別50代/男性

病名脳出血 糖尿病 高血圧

毎日ビール2缶と日本酒1合。タバコは1日1箱。肥満体型で、健康診断では軽度の糖尿病と高血圧と言われ病院に通っているが、よく薬を飲み忘れてしまう。仕事中、突然「頭が痛い」と言いながら倒れ、病院に搬送された。

食道裂孔ヘルニア。胃酸が逆流しやすくなっていた

年齢/性別70代/女性

病名逆流性食道炎 糖尿病

2年ほど前から、脂っこい食事をしたあとに胸やけがするようになった。 この胸やけは、床の雑巾がけや洗濯物を干すときなど、前かがみの姿勢になると余計にひどくなるようだ。

2年前から高血糖を放置。次々に生活習慣病が発覚

年齢/性別30代/男性

病名糖尿病 脂質異常症 肝炎 高血圧

健康診断で血糖値の異常を指摘されたにもかかわらず放置していたことが妻にばれてしまい、渋々人間ドックを受けることになった。 いざ受けてみると、血糖値と肝機能に異常があるという結果が出た。

劇症1型糖尿病と診断。血液も酸性に傾いていた

年齢/性別40代/男性

病名糖尿病

2日前、風邪のような症状が現れ、突然のどの乾きやすさを感じ、水分を多めにとるようになった。1日前にはめまいを感じ、熱中症ではないかと思ったためスポーツドリンクを4L飲んだ。

1型糖尿病。糖尿病ケトアシドーシスで意識障害に

年齢/性別15〜19歳/女性

病名糖尿病

ある朝、母親はいつものように朝ごはんの支度をしていたが、通学の時間になっても娘が起きてこない。部屋に行って起こそうとしたが、声をかけて揺さぶってぼやっと目を開ける程度で、明らかにいつもと様子が違う。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会