お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

つうふう

痛風

最終更新日:2020.3.2

1分で簡単に言うと?マンガでわかる痛風(高尿酸血症)

マンガでわかる痛風(高尿酸血症)・痛風=関節が腫れ、激しく痛む病気。足の親指の付け根に起こることが多い。歩けない、眠れないほど痛むことも。
マンガでわかる痛風(高尿酸血症)・痛風発作は尿酸値が高い人に起こる急性関節炎。尿酸値が7.0以上の人は危険信号。放置していると、痛風発作が起こる可能性も。
マンガでわかる痛風(高尿酸血症)・痛風の主な原因はプリン体のとりすぎ。関節炎を引き起こす原因となる尿酸はプリン体から作られます。
マンガでわかる痛風(高尿酸血症)・尿酸値が高いまま放置していると、腎臓が悪くなってしまうことも。尿路結石などのリスクも高まります。
マンガでわかる痛風(高尿酸血症)・治療の基本は生活習慣の改善。食事・お酒の量的なコントロールを。週3回程度の有酸素運動も効果的。
マンガでわかる痛風(高尿酸血症)・治療・生活改善しないと再発します。再発を繰り返すうちに関節が変形し、常に痛みや腫れが続く状態に。
マンガでわかる痛風(高尿酸血症)・尿酸の適正値を維持しよう。薬とうまく付き合いながら、気長に治療を続けることが大切です。

もっと詳しく知る
痛風の基本情報

もっと見る(読了まで5分)

あなたの家族や友人にもこの情報を伝えませんか?

家族や友人にもこの情報を伝えませんか?

痛風のQ&Aをみる

痛風に関連する症例

寝ても覚めても指が痛い! 座薬の鎮痛剤で対処

年齢/性別40代/男性

病名痛風

一昨日は21時頃に退社し、同僚と飲んで帰った。昨日の朝、目を覚ますと右の親指がズキズキと痛い。床に足をつくのもやっとというほどのひどい痛みだったが、どうしても片付けなければならない仕事があり、休むわけにはいかなかった。いつもは徒歩通勤だが今日は歩けそうになく、タクシーで会社へ向かった。

明け方、足の親指に激痛。恐れていた痛風の症状?

年齢/性別30代/男性

病名痛風

明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。クリニックへ行くと医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。

仕事中、右足のくるぶしに激痛。腎臓には尿酸結石

年齢/性別50代/男性

病名痛風

1カ月前、仕事中に突然右足のくるぶしに激痛が走り、腫れて赤くなった。今まで感じたことのない痛みで、ずっとチクチクするような感じがしていた。1週間くらいして痛みはましになったが、仕事がやや落ち着いてきたので、念のため病院へ行くことにした。

ひと駅分歩き、お弁当持参。尿酸値が下がってきた

年齢/性別30代/男性

病名痛風

明け方、突然右足の親指のつけ根に強い痛みを感じた。数時間そのまま様子をみたが、痛みがどんどんひどくなっていくので病院に行くことにした。半年前にも同じ部位に同じような痛みがあったのも気になっていた。

痛風に関連する症例

寝ても覚めても指が痛い! 座薬の鎮痛剤で対処

年齢/性別40代/男性

病名痛風

一昨日は21時頃に退社し、同僚と飲んで帰った。昨日の朝、目を覚ますと右の親指がズキズキと痛い。床に足をつくのもやっとというほどのひどい痛みだったが、どうしても片付けなければならない仕事があり、休むわけにはいかなかった。いつもは徒歩通勤だが今日は歩けそうになく、タクシーで会社へ向かった。

明け方、足の親指に激痛。恐れていた痛風の症状?

年齢/性別30代/男性

病名痛風

明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。クリニックへ行くと医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。

仕事中、右足のくるぶしに激痛。腎臓には尿酸結石

年齢/性別50代/男性

病名痛風

1カ月前、仕事中に突然右足のくるぶしに激痛が走り、腫れて赤くなった。今まで感じたことのない痛みで、ずっとチクチクするような感じがしていた。1週間くらいして痛みはましになったが、仕事がやや落ち着いてきたので、念のため病院へ行くことにした。

ひと駅分歩き、お弁当持参。尿酸値が下がってきた

年齢/性別30代/男性

病名痛風

明け方、突然右足の親指のつけ根に強い痛みを感じた。数時間そのまま様子をみたが、痛みがどんどんひどくなっていくので病院に行くことにした。半年前にも同じ部位に同じような痛みがあったのも気になっていた。

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会