お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

胃がん

胃がん治療は、他のがん治療と異なり飲み薬の抗がん剤を使うことが多く、通院での抗がん剤治療が可能である。状態のよいときには、治療をしながらでも自分らしい生活を送れるようになってきている。

2018.7.18

乳がん

乳がんは、女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロンなどが深く関わっているという特徴がある。初経が早い人や初産・閉経が遅い人、経口避妊薬を服用している人がかかりやすいといわれている。そのほか、遺伝や閉経後の肥満などもリスク要因となることがわかってきた。

2018.5.28

大腸がん

大腸がんは、大腸の中でも肛門に近い部分にできることが多く、進行すると血便・下痢・便秘などの症状が出るようになる。はじめは特に症状がないことも多く、便検査で血が混じっていることを指摘されて気付くことも多い。

2018.7.18

肝がん

肝がん(肝細胞がん)の原因の8割は、B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスへの感染と言われているが、最近はウイルス以外を原因とするケースが増えてきている。アルコールや喫煙・脂肪肝が原因で肝炎や肝硬変になると、肝細胞がんにもかかりやすくなってしまう。肝細胞がんに対する治療を行ったとしても、その原因となった肝炎や肝硬変が治らない限り、再発は避けられない。よって、他のがんに比べて再発することが多いのも特徴の一つである。

2018.5.28

肺がん

初期にはほとんど無症状なので、健康診断のエックス線(レントゲン)撮影で異常を指摘され、初めて分かることも多い。 手術が可能ならば、まずは手術を行う。手術をしてもしなくても、その後は病気をコントロールするために抗がん剤治療や放射線治療を行うというのが基本的な流れである。

2018.5.28

白血病

白血病では、血液中の白血球になりかけの細胞が、成長する段階で「がん」になってしまい、他の細胞を押しのけて増殖してしまう。白血病は、ある一定の細胞だけががん細胞化する「急性白血病」と、さまざまな成長過程の白血球が増殖してしまう「慢性白血病」の2つに大別される。急性白血病は熱やだるさのような症状が出て、検査をしたら白血病だったと分かることもあるが、慢性白血病の場合は自覚症状があまりなく、健康診断や、たまたま病院を受診したときの血液検査で異常が出て判明することが多い。

2018.5.28

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会