お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

治療:抗がん剤の症例一覧
30

便潜血陽性も症状なし。肝臓に5カ所超の転移巣

病名大腸がん

特に自覚症状などはないのだが、会社の健康診断で「便潜血陽性」と言われた。「痔(じ)か何かだろうか」と思ったが、念のため内視鏡検査の設備がある総合病院の消化器内科を受診した。

胃を全摘し再建。ダンピング症候群は食事法で対処

病名胃がん 慢性閉塞性肺疾患

2年ほど前から、みぞおちのあたりに鈍い痛みを感じるようになった。自宅近くの診療所で胃バリウム検査を受けたところ、「胃の粘膜に異常がみられます。一度大きな病院で詳しい検査を受けてください」と言われた。

息が吐きにくく、血痰が出る。タバコは1日30本

病名肺がん 高血圧 胃がん

1カ月前から息が吐きにくくなった感じがしており、血の混じった痰(たん)が出るようになった。すぐに治まるだろうと思い放置していたが、1カ月たっても治る気配がなく、不安になって来院した。

自覚症状はないのに……。検診で「便潜血陽性」

病名大腸がん

1週間前の大腸がん検診で、便に血液が混じっているという指摘を受けた。自覚している症状などはないのだが、「一度大きな病院で診てもらったほうがいい」と言われ、総合病院を受診した。

ステージIV、化学療法中。腸が狭くなり食欲減退

病名胃がん

3カ月前から時々、便が黒くなることがあった。特に気にしていなかったが、1週間ほど前から、おなかが張っているような感じもする。薬局で整腸剤を買って飲んだりしたが、一向によくならない。

母も祖母も乳がん。遺伝子検査を受けてみることに

病名乳がん

1週間前、いつものように自分で乳房を触ってみたところ、左乳房の左上の部分に、前月には触れなかった硬いしこりがあることに気付いた。昨日もう一度触ってみたが、やはりしこりに触れたため、乳腺外科を受診した。

2年前のS状結腸がん。リンパ節再発し化学療法へ

病名大腸がん

S状結腸がんの手術後、病院で3カ月に1回の定期検査を行っていた。しかし術後2年目の血液検査で腫瘍マーカーの数値が上昇していたため、CT検査を受けることになった。

便に混じる真っ赤な血。痔だと思っていたら……

病名大腸がん

最近、便に血が混じる頻度が多くなり、トイレを出たあとも便がまだ残っているような感覚があった。体を動かすと息が切れ、胸が「ドクドク」するような症状も出てきたので、不安に思って近くの病院を受診した。

乳房を温存し、手術後は放射線照射とホルモン療法

病名乳がん

テレビ番組で乳がんの自己検診を紹介していたので、お風呂に入ったときに自分の乳房を触ってみたところ、左側の乳房に小さくて少しゴツゴツしたものを見つけた。右側の乳房には、同じようなものはなかった。

便につく血の量が増え、腹部が張ってきた気がする

病名大腸がん

3カ月ほど前から、便に血液が付着している。仕事が忙しいため気にしないようにしていたが、付着する血液の量がだんだんと多くなってきた。ちゃんと健康診断を受けていなかったこともあり、心配になって市民病院を受診した。

3年前の乳がんが再発。乳房切除し、抗がん剤治療

病名乳がん

乳がんの手術からもうすぐ3年、定期検診の1カ月前のことだった。風呂あがりに自分で胸を触ってみると、右の残っている乳房にコリコリしたものがあることに気付いた。つぶしてみても形が変わらず、痛みもない。前回の乳がんで触ったものと同じ感じがしたので、翌日、乳がんで定期検診している病院を受診した。

小細胞がんステージIIB。抗がん剤と放射線で治療

病名肺がん

今までに大きな病気をしたことはない。自身に喫煙の習慣はないが、夫が家でタバコを吸う人であった。健康診断でX線撮影検査を受けたところ、左胸に影があると言われた。詳しい検査を受けたほうがいいということで総合病院を受診した。

「予後の悪いがん」と言われ…… 術後は化学療法

病名肺がん

働き盛りの男性。タバコが大好きでやめられない。1カ月ほど前から、咳と痰が出るのが気になっていた。2~3日前からは40度台の熱が出て、息切れもするようになった。会社を休んで近くの医院にかかったところ、すぐに大きな病院へ受診してくださいと言われた。

肝臓に転移していた。抗がん剤治療後、在宅医療へ

病名乳がん

6年前、右乳がんで手術を受けた。術後5年、CT検査では異常なかったが、1カ月ほど前から、なんとなくいつもより疲れやすい気がしていた。

ステージIAの肺腺がん。飲み薬の抗がん剤を開始

病名肺がん

タバコが好きで、20歳からの45年間、1日あたり約30本を吸い続けていた。健康診断でX線撮影検査を受けたところ、左胸に影が見つかった。詳しく検査したほうがいいということで総合病院を受診した。

腰痛、体のだるさ。原因は再発した乳がんの転移?

病名乳がん

5年前、左の乳がんで、左側の乳房を全て摘出する手術を受けた。2カ月前、正月休みに遊びに来た3歳の孫をおんぶしてから、腰が痛くなった。

卵巣がん?と思いきや、胃がんから転移していた

病名胃がん

3カ月前から、おなかの下の方が張っているような感じがあった。体重は1kgほど増えている。徐々にその程度がひどくなっているので、近所の婦人科を訪れた。

繰り返す腹痛と軟便。胃がんの転移で人工肛門に

病名胃がん

1年前に胃がんの手術を受けてから、再発予防目的に抗がん剤治療を受けていた。1カ月前からおなかが痛くなったりよくなったりを繰り返すことが徐々に多くなった。手術後、2週前から少量のやわらかい便が1日に数回出るようになった。最近は1日10回以上出ることもあり、腹痛もひどいので病院を受診した。

白血病と診断。実兄から幹細胞移植を受けることに

病名白血病

2週間ほど前から疲れやすさを感じていた。また、歯ぐきからの出血もみられ、食事しにくくなっていたため、妻の勧めで病院を受診した。

1週間前から疲れやすい。鼻血も出て止まりにくい

病名白血病

1週間ほど前から、疲れやすさを感じていた。ここのところ休暇を取れていないせいかと思っていたが、頻繁に鼻血も出るようになり、しかもなかなか止まらない。「何か悪い病気なのでは」と心配になり、病院を受診した。

手足に紫色の斑点。歯ぐきからの出血も止まらない

病名白血病

3日前に、手や足の皮膚に紫色の小さなあざが複数あることに気づいた。昨日からは歯ぐきからの出血が止まらず、心配になって受診した。

左右の乳頭の位置がずれている? ステージはIIIB

病名乳がん

2カ月前から、なんとなく乳房が左右対称ではない感じがしていた。近くのレディースクリニックで、乳房の視触診を受けたところ、乳がんの可能性があると言われ乳腺外科を受診。

便秘で気付いた大腸がん。肝臓にも転移していた

病名大腸がん

8カ月前から便秘がちとなり、 市販の便秘薬では一向に改善されない。近所の医院で受けた肝臓の超音波(エコー)検査で肝臓に腫瘍を疑われ、大学病院を紹介受診することになった。

乳がんが背骨に再発。再び抗がん剤治療を開始

病名乳がん

4年前に左乳がんで手術を受けた。自宅のお風呂で転んで、尻もちをついたところ、腰の骨に骨折があり、乳がんが腰の骨に再発した可能性が考えられた。

腹部右下のしこりはがん。周囲のリンパ節にも転移

病名大腸がん

2カ月ほど前から、ときどき腹部の右下あたりに不快感を覚えることがあった。改善の兆しがなく、悪くなっているような気がしたため、病院を受診した。

風邪のような症状と微熱、だるさ。診断は白血病

病名白血病

1週間前、かぜのような症状と37度程度の微熱があり薬を処方された。しかし、その後も疲れやすさと微熱がおさまらなかったので、大学病院の内科外来を受診した。

消えない腹部の張りと吐き気。みぞおちの塊は?

病名胃がん

最近、腹部の上のほうが張っている感じで、たびたび吐きそうになることも気になっていた。今朝も吐いてしまい、夫が心配するので、近所の病院を受診した。

診断から3年で抗がん剤を中止。在宅医療に移行

病名大腸がん

1年ほど前から、便に血液が付着していることに気付いていたが放置していた。 ここ1カ月は何をしても体がだるい感じがして多少の腹痛もある。体重も4kgほど落ちていた。言いようのない不安に駆られ、市民病院の消化器内科を受診することに。

息切れと性器からの出血。皮膚には紫色の斑点が

病名白血病

1週間前ほど前から、歩行時に息切れを感じるようになった。何度か性器からの不正出血もあり、自宅近くの産婦人科のクリニックを受診した。 診断では両足に点状の出血、紫斑があると言われ、血液検査では、貧血や白血球・血小板の減少があると言われた。 子宮や卵巣の検査も行ったが、軽い出血がみられるものの特に異常はなく血液疾患が疑われるとのことで大学病院の血液内科を受診した。

診断にも手術が必要? そのあとは抗がん剤治療へ

病名肺がん

酒も飲まずタバコも吸わず健康であることを自負していたが、人間ドックを受けたところCT検査で胸に異常な影があると言われた。息切れや咳などの自覚症状はなく、聴診でも肺に問題はなさそうだった。

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会