お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

症例の一覧

医師監修の症例を191件掲載。
治療の記録を読むことで、治療内容やその後の生活をイメージできます。

すべての症例191件

甲状腺疾患の治療中に骨折。骨粗しょう症だった

年齢/性別50代/女性

病名骨粗しょう症

夕飯の買い出しをして帰宅する途中、段差につまずいて転倒。とっさに右手をついた瞬間、強い痛みを感じた。手首が変形し、腫れてきていた。痛みが強く、動かすこともままならない。

転倒し大腿骨頸部を骨折。人工骨頭を入れることに

年齢/性別70代/女性

病名骨粗しょう症

妹のところへ出掛ける日。バス停に行く途中で縁石につまずいて転倒してしまった。 左の股関節がひどく痛んで動けなくなってしまったので、通りすがりの人に救急車を呼んでもらい、病院を受診した。

2度の胸痛。冠動脈が開通と閉塞を繰り返していた

年齢/性別50代/男性

病名心筋梗塞 糖尿病

1週間前、プールで泳いでいたところ、締め付けられるような胸の痛みがあった。急いでプールサイドに上がりしばらく休んでいると、痛みは数分で消えてしまった。 ところが、昨日の夕食後にも同じような胸の痛みが現れた。

母も祖母も乳がん。遺伝子検査を受けてみることに

年齢/性別20代/女性

病名乳がん

1週間前、いつものように自分で乳房を触ってみたところ、左乳房の左上の部分に、前月には触れなかった硬いしこりがあることに気付いた。昨日もう一度触ってみたが、やはりしこりに触れたため、乳腺外科を受診した。

舌のもつれ、右手の麻痺。一過性脳虚血発作と診断

年齢/性別50代/男性

病名脳梗塞 脂質異常症 糖尿病 高血圧

半年前から、食事中にお箸を落としてしまったり、人と話しているときにろれつが回らなくなったりするようになった。 しかし症状は長く続かず、数分安静にしていると治るため、「きっと疲れがたまっているせいだろう」と考えて放置していた。

2年前のS状結腸がん。リンパ節再発し化学療法へ

年齢/性別50代/男性

病名大腸がん

S状結腸がんの手術後、病院で3カ月に1回の定期検査を行っていた。しかし術後2年目の血液検査で腫瘍マーカーの数値が上昇していたため、CT検査を受けることになった。

C型肝炎から肝硬変に。特発性細菌性腹膜炎で死亡

年齢/性別60代/男性

病名肝硬変 肝炎

3週間前から下腹部に張りを感じていた。痛みはなく、少し違和感がある程度だったので放置していた。 しかし、張りや違和感がひどくなり、腹部がパンパンに張るようになった。

足がむくみ、尿が出ない。C型肝炎から肝硬変に

年齢/性別60代/男性

病名肝硬変 肝炎

8月初旬に足がむくんでいることに気付いたが、すぐに治るだろうと気にしなかった。8月末には尿があまり出なくなり、腹部が張ってきた。「何かおかしい」と思い、病院を受診した。

逆流性食道炎かと思いきや、胃を全摘出することに

年齢/性別50代/女性

病名胃がん

2、3カ月前から、みぞおちが痛むようになった。夫に相談したところ「食べすぎなんじゃないか?」と言われてしまった。医者にはかからず様子を見ていたが痛みはおさまらないし、1週間くらい前から胸やけも感じるようになった。

通院が面倒……。自己判断で薬をやめたら再発した

年齢/性別40代/男性

病名痛風

昨晩、右足の親指のつけ根が猛烈に痛んで目が覚めた。触ってみるとひどく腫れており、真っ赤になっていた。健康診断のたびに尿酸値の異常を指摘されていたことを思い出し、「いよいよ痛風になったかも」と思った。

発熱・発疹、一時的な肝機能低下。薬が原因だった

年齢/性別60代/男性

病名肝炎

咳が1カ月続いたので病院に行ったところ、肺気腫と診断され、気管支拡張薬と去痰薬、抗生剤を処方された。薬の服用を1カ月続けたが、どうにも熱っぽく、体温を測ると38度台だった。

かゆみを伴う多数の「いぼ」は「がん」のサイン?

年齢/性別60代/男性

病名胃がん

3カ月ほど前から、胸や背中に平たい「いぼ」ができてきた。最初は高齢者に多いシミに見えたが、かゆい上に短期間で増え、大きくなった。

明け方、足の親指に激痛。恐れていた痛風の症状?

年齢/性別30代/男性

病名痛風

明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。クリニックへ行くと医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。

ピロリ菌は除菌せず。久々の胃カメラでがんを発見

年齢/性別50代/男性

病名胃がん

32歳のとき十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)と診断された。5年前に胃カメラ検査を受けた際、ピロリ菌に感染していることが判明。しかし、そのときは仕事が忙しく、除菌治療は行わなかった。

3週間ずっと、頭が重くてだるい。高血圧のせい?

年齢/性別70代/男性

病名高血圧

3週間ほど、ずっと頭が重くだるいような感覚が続いている。退職後も年に1回は健康診断を受けていたが、クリニックが家から少し遠いこともあり、ここ5年は足が遠のいていた。息子に「早めに病院に行った方がいいよ」と勧められ、病院を受診した。

便に混じる真っ赤な血。痔だと思っていたら……

年齢/性別70代/男性

病名大腸がん

最近、便に血が混じる頻度が多くなり、トイレを出たあとも便がまだ残っているような感覚があった。体を動かすと息が切れ、胸が「ドクドク」するような症状も出てきたので、不安に思って近くの病院を受診した。

2カ月間続く血便。次第に付着する血液の量が増加

年齢/性別60代/男性

病名大腸がん

2カ月ほど前から、便に少量の血液が付着していることに気付いていた。だんだんと便に付着する血液の量が増加し、改善しないため心配になって受診した。

乳房を温存し、手術後は放射線照射とホルモン療法

年齢/性別50代/女性

病名乳がん

テレビ番組で乳がんの自己検診を紹介していたので、お風呂に入ったときに自分の乳房を触ってみたところ、左側の乳房に小さくて少しゴツゴツしたものを見つけた。右側の乳房には、同じようなものはなかった。

便につく血の量が増え、腹部が張ってきた気がする

年齢/性別50代/男性

病名大腸がん

3カ月ほど前から、便に血液が付着している。仕事が忙しいため気にしないようにしていたが、付着する血液の量がだんだんと多くなってきた。ちゃんと健康診断を受けていなかったこともあり、心配になって市民病院を受診した。

3年前の乳がんが再発。乳房切除し、抗がん剤治療

年齢/性別50代/女性

病名乳がん

乳がんの手術からもうすぐ3年、定期検診の1カ月前のことだった。風呂あがりに自分で胸を触ってみると、右の残っている乳房にコリコリしたものがあることに気付いた。つぶしてみても形が変わらず、痛みもない。前回の乳がんで触ったものと同じ感じがしたので、翌日、乳がんで定期検診している病院を受診した。

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会