お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

仕事中、右足のくるぶしに激痛。腎臓には尿酸結石


病名痛風年齢/性別50代/男性

最終更新日:2019.5.15

この症例に関連する病気

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

痛風に関連する症例

寝ても覚めても指が痛い! 座薬の鎮痛剤で対処

年齢/性別40代/男性

病名痛風

一昨日は21時頃に退社し、同僚と飲んで帰った。昨日の朝、目を覚ますと右の親指がズキズキと痛い。床に足をつくのもやっとというほどのひどい痛みだったが、どうしても片付けなければならない仕事があり、休むわけにはいかなかった。いつもは徒歩通勤だが今日は歩けそうになく、タクシーで会社へ向かった。

発汗後のビールが引き金?閉経後の尿酸値に注意

年齢/性別50代/女性

病名痛風

1カ月前、ホットヨガのあとにビールを飲んでいると、突然右足の親指のつけ根が激しく痛み、腫れて赤くなった。忙しくて病院に行けないでいると、5日くらいで痛みはなくなった。 父親が痛風になったときの症状とよく似ていたため、近所の整形外科を受診した。

通院が面倒……。自己判断で薬をやめたら再発した

年齢/性別40代/男性

病名痛風

昨晩、右足の親指のつけ根が猛烈に痛んで目が覚めた。触ってみるとひどく腫れており、真っ赤になっていた。健康診断のたびに尿酸値の異常を指摘されていたことを思い出し、「いよいよ痛風になったかも」と思った。

明け方、足の親指に激痛。恐れていた痛風の症状?

年齢/性別30代/男性

病名痛風

明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。クリニックへ行くと医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。

3年前に高尿酸血症と指摘。腎機能も低下していた

年齢/性別40代/男性

病名痛風

2日前から急に、左足の親指の付け根がチクチクと痛みだした。以前にも同じ部位に痛みが起きたことがあったが、今回はなかなか治らず不安になり受診した。

痛風に関連する症例

寝ても覚めても指が痛い! 座薬の鎮痛剤で対処

年齢/性別40代/男性

病名痛風

一昨日は21時頃に退社し、同僚と飲んで帰った。昨日の朝、目を覚ますと右の親指がズキズキと痛い。床に足をつくのもやっとというほどのひどい痛みだったが、どうしても片付けなければならない仕事があり、休むわけにはいかなかった。いつもは徒歩通勤だが今日は歩けそうになく、タクシーで会社へ向かった。

発汗後のビールが引き金?閉経後の尿酸値に注意

年齢/性別50代/女性

病名痛風

1カ月前、ホットヨガのあとにビールを飲んでいると、突然右足の親指のつけ根が激しく痛み、腫れて赤くなった。忙しくて病院に行けないでいると、5日くらいで痛みはなくなった。 父親が痛風になったときの症状とよく似ていたため、近所の整形外科を受診した。

通院が面倒……。自己判断で薬をやめたら再発した

年齢/性別40代/男性

病名痛風

昨晩、右足の親指のつけ根が猛烈に痛んで目が覚めた。触ってみるとひどく腫れており、真っ赤になっていた。健康診断のたびに尿酸値の異常を指摘されていたことを思い出し、「いよいよ痛風になったかも」と思った。

明け方、足の親指に激痛。恐れていた痛風の症状?

年齢/性別30代/男性

病名痛風

明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。クリニックへ行くと医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。

3年前に高尿酸血症と指摘。腎機能も低下していた

年齢/性別40代/男性

病名痛風

2日前から急に、左足の親指の付け根がチクチクと痛みだした。以前にも同じ部位に痛みが起きたことがあったが、今回はなかなか治らず不安になり受診した。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会