お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

便潜血陽性も症状なし。肝臓に10カ所超の転移巣

最終更新日:2018.11.22

年齢/性別50代/男性
病名大腸がん

この症例に関連する病気

関連する症例を読む

ステージII期。腹会陰式直腸切断術で人工肛門に

年齢/性別60代〜/男性

病名大腸がん

2カ月前から少し便秘気味になり、便が細くなっていた。1週間前からは便に少量の血液が付着するようになった。

QOL維持のため緩和ケア導入。最期は在宅医療で

年齢/性別50代/男性

病名大腸がん

1年ほど前から、便に血液が付着していることに気付いていたが放置していた。 ここ1カ月は何をしても体がだるい感じがして、体重も少し落ちてきた。家族の勧めもあり、病院を受診することにした。

2カ月間続く血便。次第に付着する血液の量が増加

年齢/性別60代〜/男性

病名大腸がん

2カ月ほど前から、便に少量の血液が付着していることに気付いていた。だんだんと便に付着する血液の量が増加し、改善しないため心配になって受診した。

便が細く血が混じる。便秘が続いたあと腹痛と嘔吐

年齢/性別60代〜/男性

病名大腸がん

半年ほど前から、便が出しにくくなった。便も細くなっており、ときどき血が混じる。1週間前からは便秘が続いており、おならも出ず、腹部が膨れているようだ。

ステージIの直腸がん。肛門を温存してがんを切除

年齢/性別50代/男性

病名大腸がん

1カ月ほど前から、便に少量の血液が付着するようになった。最初は気のせいだと思っていたが、だんだんと便やティッシュに付着する血液の量が増加し念のため総合病院の消化器内科を受診した。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会