お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

症状はないのに…… ステージIAの肺腺がんと診断


病名肺がん年齢/性別50代/女性

カルテ

診断
症状
なし
治療

最終更新日:2018.5.28

この症例に関連する病気

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

肺がんに関連する症例

小細胞がんステージIIB。抗がん剤と放射線で治療

年齢/性別70代/女性

病名肺がん

今までに大きな病気をしたことはない。自身に喫煙の習慣はないが、夫が家でタバコを吸う人であった。健康診断でX線撮影検査を受けたところ、左胸に影があると言われた。詳しい検査を受けたほうがいいということで総合病院を受診した。

「予後の悪いがん」と言われ…… 術後は化学療法

年齢/性別40代/男性

病名肺がん

働き盛りの男性。タバコが大好きでやめられない。1カ月ほど前から、咳と痰が出るのが気になっていた。2~3日前からは40度台の熱が出て、息切れもするようになった。会社を休んで近くの医院にかかったところ、すぐに大きな病院へ受診してくださいと言われた。

ステージIAの肺腺がん。飲み薬の抗がん剤を開始

年齢/性別60代/男性

病名肺がん

タバコが好きで、20歳からの45年間、1日あたり約30本を吸い続けていた。健康診断でX線撮影検査を受けたところ、左胸に影が見つかった。詳しく検査したほうがいいということで総合病院を受診した。

診断にも手術が必要? そのあとは抗がん剤治療へ

年齢/性別70代/女性

病名肺がん

酒も飲まずタバコも吸わず健康であることを自負していたが、人間ドックを受けたところCT検査で胸に異常な影があると言われた。息切れや咳などの自覚症状はなく、聴診でも肺に問題はなさそうだった。

症状はないのに…… ステージIAの肺腺がんと診断

年齢/性別50代/女性

病名肺がん

昨年と同じように健康診断を受けたところ、胸のX線撮影検査で影が見つかり、総合病院を紹介された。昨年受けた健康診断では異常なしと言われていたこともあり、大きな病院に行くのは面倒に思えたが、心配した家族に連れられて受診した。

肺がんに関連する症例

小細胞がんステージIIB。抗がん剤と放射線で治療

年齢/性別70代/女性

病名肺がん

今までに大きな病気をしたことはない。自身に喫煙の習慣はないが、夫が家でタバコを吸う人であった。健康診断でX線撮影検査を受けたところ、左胸に影があると言われた。詳しい検査を受けたほうがいいということで総合病院を受診した。

「予後の悪いがん」と言われ…… 術後は化学療法

年齢/性別40代/男性

病名肺がん

働き盛りの男性。タバコが大好きでやめられない。1カ月ほど前から、咳と痰が出るのが気になっていた。2~3日前からは40度台の熱が出て、息切れもするようになった。会社を休んで近くの医院にかかったところ、すぐに大きな病院へ受診してくださいと言われた。

ステージIAの肺腺がん。飲み薬の抗がん剤を開始

年齢/性別60代/男性

病名肺がん

タバコが好きで、20歳からの45年間、1日あたり約30本を吸い続けていた。健康診断でX線撮影検査を受けたところ、左胸に影が見つかった。詳しく検査したほうがいいということで総合病院を受診した。

診断にも手術が必要? そのあとは抗がん剤治療へ

年齢/性別70代/女性

病名肺がん

酒も飲まずタバコも吸わず健康であることを自負していたが、人間ドックを受けたところCT検査で胸に異常な影があると言われた。息切れや咳などの自覚症状はなく、聴診でも肺に問題はなさそうだった。

症状はないのに…… ステージIAの肺腺がんと診断

年齢/性別50代/女性

病名肺がん

昨年と同じように健康診断を受けたところ、胸のX線撮影検査で影が見つかり、総合病院を紹介された。昨年受けた健康診断では異常なしと言われていたこともあり、大きな病院に行くのは面倒に思えたが、心配した家族に連れられて受診した。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会