お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

若い女性の異常な高血圧。もしかしたら高安病?


病名高血圧年齢/性別30代/女性

最終更新日:2018.5.28

この症例に関連する病気

あなたの家族や友人にもこの情報を伝えませんか?

家族や友人にもこの情報を伝えませんか?

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

高血圧に関連する症例

降圧薬で治療中。家庭血圧で「早朝高血圧」と判明

年齢/性別40代/男性

病名高血圧

娘に血圧計をプレゼントされたことをきっかけに自宅での測定を始めた。すると、外来ではずっと130/80mHg前後だった血圧が、家で起床後に測定してみると162/96mmHg前後になっていた。

若い女性の異常な高血圧。もしかしたら高安病?

年齢/性別30代/女性

病名高血圧

頭痛が続き、疲れやすいのが気になっていた。高いところの物を取ろうと腕をあげたり、上の方を見たりするとめまいが出るようにな受診した。

高血圧が腎機能にも影響? 食事・運動・薬で改善

年齢/性別40代/女性

病名高血圧 動脈硬化

市の健康診断で高血圧を指摘された。医師には、「高血圧が原因で、腎臓の機能に影響が出始めているのかもしれない」と言われた。これは高血圧性腎硬化症と呼ばれ、高血圧が原因となって腎臓の細い動脈に動脈硬化が起こり、腎臓の機能が低下する病気なのだそうだ。

おなかが張って「ドクドク」……大動脈瘤だった

年齢/性別50代/男性

病名動脈硬化 大動脈瘤 高血圧

56歳の男性。10年ほど前に高血圧を指摘され、降圧薬による内服治療を続けている。1カ月ほど前から腹部が張ってきているような気がするが、特に痛みはなく、そのほかに気になる症状はない。

生活習慣病を放置。背中の激痛のあと両足に痺れ

年齢/性別50代/男性

病名大動脈解離 脂質異常症 糖尿病 高血圧

午前7時ごろ、突然背中に激痛が走り、痛みは腰の方へ移動していった。同時に両足が痺れるようになってきた。痛みがあまりにも激しいため、会社を休む連絡をしたが、その後、身動きが取れなくなっているところを家族に発見され、救急車を要請することになった。

高血圧に関連する症例

降圧薬で治療中。家庭血圧で「早朝高血圧」と判明

年齢/性別40代/男性

病名高血圧

娘に血圧計をプレゼントされたことをきっかけに自宅での測定を始めた。すると、外来ではずっと130/80mHg前後だった血圧が、家で起床後に測定してみると162/96mmHg前後になっていた。

若い女性の異常な高血圧。もしかしたら高安病?

年齢/性別30代/女性

病名高血圧

頭痛が続き、疲れやすいのが気になっていた。高いところの物を取ろうと腕をあげたり、上の方を見たりするとめまいが出るようにな受診した。

高血圧が腎機能にも影響? 食事・運動・薬で改善

年齢/性別40代/女性

病名高血圧 動脈硬化

市の健康診断で高血圧を指摘された。医師には、「高血圧が原因で、腎臓の機能に影響が出始めているのかもしれない」と言われた。これは高血圧性腎硬化症と呼ばれ、高血圧が原因となって腎臓の細い動脈に動脈硬化が起こり、腎臓の機能が低下する病気なのだそうだ。

おなかが張って「ドクドク」……大動脈瘤だった

年齢/性別50代/男性

病名動脈硬化 大動脈瘤 高血圧

56歳の男性。10年ほど前に高血圧を指摘され、降圧薬による内服治療を続けている。1カ月ほど前から腹部が張ってきているような気がするが、特に痛みはなく、そのほかに気になる症状はない。

生活習慣病を放置。背中の激痛のあと両足に痺れ

年齢/性別50代/男性

病名大動脈解離 脂質異常症 糖尿病 高血圧

午前7時ごろ、突然背中に激痛が走り、痛みは腰の方へ移動していった。同時に両足が痺れるようになってきた。痛みがあまりにも激しいため、会社を休む連絡をしたが、その後、身動きが取れなくなっているところを家族に発見され、救急車を要請することになった。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会