お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

心房細動からの脳梗塞。血栓溶解療法で劇的に改善


病名脳梗塞年齢/性別60代/男性

最終更新日:2018.5.28

この症例に関連する病気

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

脳梗塞に関連する症例

心房細動からの脳梗塞。血栓溶解療法で劇的に改善

年齢/性別60代/男性

病名脳梗塞

朝6:00ごろ起床し、トイレに行こうと歩き出したところで足に力が入らなくなり、その場に倒れこんでしまった。呼びかけても、言葉にならない声を発するばかりで意識が混濁しているようだった。

発症後6時間が経過。カテーテルで治療を行った

年齢/性別60代/女性

病名脳梗塞

夕飯のあと台所で洗い物をしていたところ、突然右腕と右足が動かなくなり、しゃべることもままならならなくなった。ガタンという音に異変を感じた夫が台所をのぞいたところ、倒れている妻を発見。慌てて救急車を呼んだ。昼間ならドクターヘリを呼べるとのことだが、夜間であったため救急車での搬送となり、近くの脳外科がある病院に着くまで4時間を要した。

2週間前に一過性脳虚血発作。手術で脳梗塞を予防

年齢/性別40代/男性

病名脳梗塞 高血圧

2週間前、急に右の手足が動かなくなり、うまくしゃべることもできなくなった。手足が動き、普通に話せるようになるころには1時間が経過。仕事が忙しく、その後病院には行けていなかった。

舌のもつれ、右手の麻痺。一過性脳虚血発作と診断

年齢/性別50代/男性

病名脳梗塞 脂質異常症 糖尿病 高血圧

半年前から、食事中にお箸を落としてしまったり、人と話しているときにろれつが回らなくなったりするようになった。 しかし症状は長く続かず、数分安静にしていると治るため、「きっと疲れがたまっているせいだろう」と考えて放置していた。

左手に一時的な脱力。今後脳梗塞を発症する危険も

年齢/性別70代/男性

病名脳梗塞 高血圧

町内会の定例会合を終え、妻と2人で夕食をとっていると、突然左手に力が入らなくなった。今までにも指先が動かしにくいことはあったが、肩から先に全く力が入らないのは初めてだった。様子を見ていると徐々に症状は改善し、就寝時には全く症状はなくなっていた。不安になったので妻とも相談し、翌朝近くの大きな病院を受診することにした。

脳梗塞に関連する症例

心房細動からの脳梗塞。血栓溶解療法で劇的に改善

年齢/性別60代/男性

病名脳梗塞

朝6:00ごろ起床し、トイレに行こうと歩き出したところで足に力が入らなくなり、その場に倒れこんでしまった。呼びかけても、言葉にならない声を発するばかりで意識が混濁しているようだった。

発症後6時間が経過。カテーテルで治療を行った

年齢/性別60代/女性

病名脳梗塞

夕飯のあと台所で洗い物をしていたところ、突然右腕と右足が動かなくなり、しゃべることもままならならなくなった。ガタンという音に異変を感じた夫が台所をのぞいたところ、倒れている妻を発見。慌てて救急車を呼んだ。昼間ならドクターヘリを呼べるとのことだが、夜間であったため救急車での搬送となり、近くの脳外科がある病院に着くまで4時間を要した。

2週間前に一過性脳虚血発作。手術で脳梗塞を予防

年齢/性別40代/男性

病名脳梗塞 高血圧

2週間前、急に右の手足が動かなくなり、うまくしゃべることもできなくなった。手足が動き、普通に話せるようになるころには1時間が経過。仕事が忙しく、その後病院には行けていなかった。

舌のもつれ、右手の麻痺。一過性脳虚血発作と診断

年齢/性別50代/男性

病名脳梗塞 脂質異常症 糖尿病 高血圧

半年前から、食事中にお箸を落としてしまったり、人と話しているときにろれつが回らなくなったりするようになった。 しかし症状は長く続かず、数分安静にしていると治るため、「きっと疲れがたまっているせいだろう」と考えて放置していた。

左手に一時的な脱力。今後脳梗塞を発症する危険も

年齢/性別70代/男性

病名脳梗塞 高血圧

町内会の定例会合を終え、妻と2人で夕食をとっていると、突然左手に力が入らなくなった。今までにも指先が動かしにくいことはあったが、肩から先に全く力が入らないのは初めてだった。様子を見ていると徐々に症状は改善し、就寝時には全く症状はなくなっていた。不安になったので妻とも相談し、翌朝近くの大きな病院を受診することにした。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会