お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

毎日タバコ40本。階段をのぼると左胸・肩に痛み


病名狭心症 心筋梗塞年齢/性別60代/男性

最終更新日:2019.9.11

この症例に関連する病気

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

狭心症に関連する症例

胸から首に2分以上続く圧迫感。冷や汗も止まらず

年齢/性別50代/男性

病名狭心症

庭仕事をしていた時、胸から首に広がる圧迫感を覚え、それが2分以上続いた。冷や汗も止まらず、脈拍がかすかにしか触れなかった。看護師の妻が心筋梗塞を疑って、救急車で搬送されることになった。

血圧高め。階段で胸が痛み、めまいと息苦しさも

年齢/性別50代/男性

病名狭心症

数年前から会社の健康診断で血圧が高めだと言われているが、薬を飲むほどではなさそうなのでさほど気にしていない。いつものように階段で4階まで上っていると、胸の辺りがきゅっと締め付けられるように痛んだ。

坂道で息切れと胸の締め付け感。脂質異常も一因?

年齢/性別50代/女性

病名狭心症 脂質異常症

1カ月前から、通勤路の坂道を歩いていると呼吸が苦しくなり、胸がぎゅっと締め付けられるような感覚を覚えるようになった。5分程度休憩すると症状は治まり、また問題なく歩けるようになる。

深夜から朝方に起こる胸痛。冠攣縮性狭心症と診断

年齢/性別40代/男性

病名狭心症 脂質異常症 高血圧

1年ほど前から時々、圧迫感のある胸の痛みを感じるようになり、冷や汗も出るようになった。 特に真夜中から早朝にかけて起こることが多い。5分ほど痛みが続いたあとは自然に治まる。今朝、起き抜けに妻と会話していると急に胸が痛くなり、そのまま気を失ってしまった。

労作性狭心症の治療後、服薬を独断で中止し再狭窄

年齢/性別70代/男性

病名狭心症 脂質異常症 高血圧

4カ月前に労作性狭心症と診断され手術を受けた。手術後も再発を防ぐために薬を必ず飲み続けるように言われていたのだが、1週間前から自己判断で薬の服用をやめていた。しかし数日前より、坂を上ると以前のような痛みを感じる。

狭心症に関連する症例

胸から首に2分以上続く圧迫感。冷や汗も止まらず

年齢/性別50代/男性

病名狭心症

庭仕事をしていた時、胸から首に広がる圧迫感を覚え、それが2分以上続いた。冷や汗も止まらず、脈拍がかすかにしか触れなかった。看護師の妻が心筋梗塞を疑って、救急車で搬送されることになった。

血圧高め。階段で胸が痛み、めまいと息苦しさも

年齢/性別50代/男性

病名狭心症

数年前から会社の健康診断で血圧が高めだと言われているが、薬を飲むほどではなさそうなのでさほど気にしていない。いつものように階段で4階まで上っていると、胸の辺りがきゅっと締め付けられるように痛んだ。

坂道で息切れと胸の締め付け感。脂質異常も一因?

年齢/性別50代/女性

病名狭心症 脂質異常症

1カ月前から、通勤路の坂道を歩いていると呼吸が苦しくなり、胸がぎゅっと締め付けられるような感覚を覚えるようになった。5分程度休憩すると症状は治まり、また問題なく歩けるようになる。

深夜から朝方に起こる胸痛。冠攣縮性狭心症と診断

年齢/性別40代/男性

病名狭心症 脂質異常症 高血圧

1年ほど前から時々、圧迫感のある胸の痛みを感じるようになり、冷や汗も出るようになった。 特に真夜中から早朝にかけて起こることが多い。5分ほど痛みが続いたあとは自然に治まる。今朝、起き抜けに妻と会話していると急に胸が痛くなり、そのまま気を失ってしまった。

労作性狭心症の治療後、服薬を独断で中止し再狭窄

年齢/性別70代/男性

病名狭心症 脂質異常症 高血圧

4カ月前に労作性狭心症と診断され手術を受けた。手術後も再発を防ぐために薬を必ず飲み続けるように言われていたのだが、1週間前から自己判断で薬の服用をやめていた。しかし数日前より、坂を上ると以前のような痛みを感じる。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会