お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

脳の病気の症例12件

舌のもつれ、右手の麻痺。一過性脳虚血発作と診断

脳梗塞

50代

男性

2018.8.17

半年前から、食事中にお箸を落としてしまったり、人と話しているときにろれつが回らなくなったりするようになった。 しかし症状は長く続かず、数分安静にしていると治るため、「きっと疲れがたまっているせいだろう」と考えて放置していた。

くも膜下出血の治療を受けた母。言動に違和感

脳出血

60代〜

女性

2018.6.26

3週間前からぼんやりするようになり、家族が違和感を覚えるような言動が増えた。テレビの前でおもらしをしてしまい、くも膜下出血の治療を受けた病院を受診した。

左手に一時的な脱力。今後脳梗塞を発症する危険も

脳梗塞

60代〜

男性

2018.6.26

町内会の定例会合を終え、妻と2人で夕食をとっていると、突然左手に力が入らなくなった。今までにも指先が動かしにくいことはあったが、肩から先に全く力が入らないのは初めてだった。様子を見ていると徐々に症状は改善し、就寝時には全く症状はなくなっていた。不安になったので妻とも相談し、翌朝近くの大きな病院を受診…

心房細動からの脳梗塞。血栓溶解療法で劇的に改善

脳梗塞

60代〜

男性

2018.5.28

朝6:00ごろ起床し、トイレに行こうと歩き出したところで足に力が入らなくなり、その場に倒れこんでしまった。呼びかけても、言葉にならない声を発するばかりで意識が混濁しているようだった。

ワーファリンを服用中。高血圧の薬物治療は受けず

脳出血

60代〜

男性

2018.5.28

トマトに水やりをしていたところ、突然頭が100kgの重りでつぶされているような頭痛が始まり、同時に右の手足が動かなくなり、座りこんでしまった。

高血圧の治療薬をよく飲み忘れる。居間で倒れ搬送

脳出血

60代〜

男性

2018.5.28

居間で孫娘とお茶を飲んでいるときに、急に倒れた。体をぎゅっと伸ばしたまま固まっており、孫娘が呼びかけてもたたいても全く起きない。慌てて119番したところ、15分ほどで救急車が到着。救急隊員がまぶたを開いて目の様子を確認すると、左の黒目が大きくなっており、目が両方とも左に寄っているのが確認できた。

発症後6時間が経過。カテーテルで治療を行った

脳梗塞

60代〜

女性

2018.5.28

夕飯のあと台所で洗い物をしていたところ、突然右腕と右足が動かなくなり、しゃべることもままならならなくなった。ガタンという音に異変を感じた夫が台所をのぞいたところ、倒れている妻を発見。慌てて救急車を呼んだ。昼間ならドクターヘリを呼べるとのことだが、夜間であったため救急車での搬送となり、近くの脳外科が…

突然、右手足の力が抜けて転倒。背景に生活習慣病

脳出血

50代

男性

2018.5.28

通勤のために家から最寄りのバス停に向かっていたところ、突然右の手足の力が抜けて転んでしまった。心配した人が救急車を呼んでくれ、病院に搬送された。

持病の心房細動が原因? 血栓溶解療法は適応外

脳梗塞

60代〜

男性

2018.5.28

いつもどおり起床し、特に変わった様子はなかった。8時ごろ外出した妻が昼過ぎに帰宅し、床に倒れている夫を発見した。意識がもうろうとしているようだったので、妻が救急車を呼び、救命救急センターに搬入された。

バイク事故で脳出血。開頭手術を行うも植物状態に

脳出血

10代

男性

2018.5.28

友人とツーリングに出掛け、走行中にバイクがスリップ、立木に激突してしまった。救急車を待っている間にどんどん口数が減り、自力で動けなくなった。

頭部に突然「石臼で押しつぶされる」ような痛み

脳出血

60代〜

男性

2018.5.28

夕食中、箸でおかずをつまんで持ち上げようとしたところ、突然頭の後ろの部分を石臼で押しつぶされるような痛みに襲われた。急に気持ち悪くなり、吐き気も覚えた。

薬で溶かした脳の血栓。できた原因は心房細動?

脳梗塞

60代〜

男性

2018.5.28

朝食をとったあとお茶を飲んでいたら、突然崩れるように椅子からずり落ちたので、妻が慌てて救急車を呼んだ。強く揺さぶると辛うじて目を開けるという状態であった。

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会