お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

症例の一覧

医師監修の症例を174件掲載。
治療の記録を読むことで、治療内容やその後の生活をイメージできます。

がんの症例54件

乳がんが背骨に再発。再び抗がん剤治療を開始

年齢/性別60代/女性

病名乳がん

4年前に左乳がんで手術を受けた。自宅のお風呂で転んで、尻もちをついたところ、腰の骨に骨折があり、乳がんが腰の骨に再発した可能性が考えられた。

4カ月前から血便。次第に便が出にくく、残便感も

年齢/性別60代/女性

病名大腸がん

4カ月ほど前から、便に血が混じるようになった。次第に便が出にくく、出た後も残便感が続くようになり、心配になったので近くの消化器内科クリニックを受診した。

診断にも手術が必要? そのあとは抗がん剤治療へ

年齢/性別70代/女性

病名肺がん

先日人間ドックを受けたところ、CT(コンピューター断層撮影装置)検査で胸に異常な影があると言われ、総合病院を受診した。

ネット情報を信じピロリ菌を放置。5年後胃がんに

年齢/性別50代/男性

病名胃がん

母親が胃がんで亡くなったことをきっかけに、家族から町の胃がん検診を受けるよう勧められたため病院を受診した。

C型肝炎を10年間放置。肝硬変から肝細胞がんに

年齢/性別60代/男性

病名肝がん 肝炎 肝硬変

数日前から微熱と全身のだるさを感じていた。 市販の風邪薬を飲んだが改善されなかったので、総合病院を受診した。

白血病と診断。実兄から幹細胞移植を受けることに

年齢/性別40代/男性

病名白血病

2週間ほど前から疲れやすさを感じていた。また、歯ぐきからの出血もみられ、食事しにくくなっていたため、妻の勧めで病院を受診した。

便器の水が真っ赤に。S状結腸の2カ所にできもの

年齢/性別60代/女性

病名大腸がん

3カ月前、便に血が付着していることに気が付いた。しかし、今朝トイレに行ったとき、いつもとは違って便器の水が真っ赤に染まっていた。

腰痛、体のだるさ。原因は再発した乳がんの転移?

年齢/性別50代/女性

病名乳がん

5年前、左の乳がんで、左側の乳房を全て摘出する手術を受けた。2カ月前、正月休みに遊びに来た3歳の孫をおんぶしてから、腰が痛くなった。

消えない腹部の張りと吐き気。みぞおちの塊は?

年齢/性別40代/女性

病名胃がん

最近、腹部の上のほうが張っている感じで、たびたび吐きそうになることも気になっていた。今朝も吐いてしまい、夫が心配するので、近所の病院を受診した。

症状はないのに…… ステージIAの肺腺がんと診断

年齢/性別50代/女性

病名肺がん

昨年と同じように健康診断を受けたところ、胸のエックス線(レントゲン)検査で影が見つかり、総合病院を紹介された。昨年受けた健康診断では異常なしと言われていたこともあり、大きな病院に行くのは面倒に思えたが、心配した家族に連れられて受診した。

風邪のような症状と微熱、だるさ。診断は白血病

年齢/性別60代/男性

病名白血病

1週間前、かぜのような症状と37度程度の微熱があり薬を処方された。しかし、その後も疲れやすさと微熱がおさまらなかったので、大学病院の内科外来を受診した。

ステージII期。腹会陰式直腸切断術で人工肛門に

年齢/性別60代/男性

病名大腸がん

2カ月前から少し便秘気味になり、便が細くなっていた。1週間前からは便に少量の血液が付着するようになった。

黒い便、突然の吐血……。過去の輸血が原因?

年齢/性別60代/男性

病名肝がん 肝炎 肝硬変

最近になって、便が黒くなっているように思ったが、気のせいだと思い放置していた。ところが、今朝になって突然、口から真っ赤な血を大量に吐き、怖くなり受診した。

左右の乳頭の位置がずれている? ステージはIIIB

年齢/性別40代/女性

病名乳がん

2カ月前から、なんとなく乳房が左右対称ではない感じがしていた。近くのレディースクリニックで、乳房の視触診を受けたところ、乳がんの可能性があると言われ乳腺外科を受診。

Open Doctors

公式SNSをフォローしよう!

病気に関するコラムやマンガをお届けします。

  • Open DoctorsのFacebookページを見る
  • Open Doctorsのツイートを見る
  • Open DoctorsのInstagramを見る

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会