お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctorsお医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会

お医者さんの知恵を
みんなの知恵に

患者さんとお医者さんは病気に立ち向かう「パートナー」です。
Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。
お医者さんとの間にある情報格差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

お医者さんと患者さんが握手するイラストお医者さんと患者さんが握手するイラスト

患者中心医療の実現に
向けた課題とは

医師と患者さんとの間には情報格差があり十分なコミュニケーションが不足しているという課題があります。
Open Doctorsではこの課題をできるだけ解消し、自分にとっての治療方法が一番納得いく選択なのか、
患者さん自らの意思で決めていくことが大切だと考えています。

  1. 課題
    1

    病気を説明する十分な
    診察時間が取れない

    忙しそうに診察するお医者さんのイラスト忙しそうに診察するお医者さんのイラスト

  2. 課題
    2

    コミュニケーションが不足し
    自分で意思決定できない

    お医者さんの説明を理解できない患者さんのイラストお医者さんの説明を理解できない患者さんのイラスト

  3. 課題
    3

    わかりやすく信頼できる情報の
    選定や整理が難しい

    信頼できそうな情報を探している女性のイラスト信頼できそうな情報を探している女性のイラスト

Open Doctorsの特徴

  • 大学教授らの医師が監修

    前東京女子医科大学教授、笠貫宏氏、横浜市立大学教授の石川義弘氏ら医師による監修のもと、医師自身の経験を元にした病気に関する症例・治療データを主なコンテンツとして提供いたします。

  • 『症例』に特化した情報

    医師にとっては当たり前の治療方法が患者にとっては当たり前ではない、症例こそが患者の不安解決に繋がるのではないか、という観点から症例にフォーカスを当てました。ひとつの病気に対して年齢やステージの違う複数の症例を知ることができるため、例えば患者さんが病気の診断を受けた時、その症状や治療例などを具体的に知ることができます。
    症例は特定の個人の実症例にもとづいたものではなく、医師の経験から起こりうる症例を作成しています。
    なお、症例は作成時点での情報であり、現時点での標準治療や医療機関で行われている最新治療とは異なる場合があります。

監修者

  • 監修医師 笠貫宏の写真

    早稲田大学特命教授

    笠貫 宏

    専門

    内科学 / 循環器病学 / 臨床不整脈学
    心臓電気生理学 / 臨床薬理学 / 心身医学

    略歴

    1967年千葉大学医学部卒業
    1997年東京女子医科大学循環器内科学講座主任教授

    その後、東京女子医科大学付属日本心臓血圧研究所所長、早稲田大学理工学術院先進理工学研究科生命理工学専攻教授、東京女子医科大学学長(2013年)を経て、現在は早稲田大学特命教授として、医療レギュラトリーサイエンスの研究・教育にあたる。

    日本循環器心身医学会理事長、日本臨床試験研究会監事、日本蘇生協議会最高顧問 日本循環器学会特別会員、日本心臓病学会名誉会員、日本不整脈学会名誉会員、日本心不全学会名誉会員、日本心電学会名誉会員、日本心臓リハビリテーション学会名誉会員、日本性差医学医療学会名誉会員、日本予防医学会等理事を歴任

  • 監修医師 石川義弘の写真

    横浜市立大学教授・医学博士

    石川 義弘

    専門

    循環制御医学(遺伝子から社会制度まで)

    略歴

    横浜市立大学大学院医学研究科 循環制御医学 教授
    エール大学医学部留学を経て横浜市立大学医学部卒業。

    マサチューセッツ総合病院科研究員、コロンビア大学、ハーバード大学医学部助教授、ラトガース大学医学部教授・同附属病院指導医(循環器内科)等を経て現職。日本および米国医籍登録(ペンシルバニアおよびニュージャージー)

    日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本循環器学会認定循環器専門医、難病指定医、米国内科学会・内科専門医会フェロー(FACP)、米国心臓病学会フェロー(FACC)、アメリカ心臓協会フェロー(FAHA)、英国王立医学協会フェロー(FRSM)、欧州心臓病学会フェロー(FESC)、日本心臓病学会フェロー(FJCC)

賛同コメント

賛同医師 中林 正雄先生の写真

母子愛育会総合母子保健センター所長

中林 正雄先生

1968年 千葉大学医学部卒業、東京女子医科大学教授を経て、2002年 母子愛育会愛育病院 院長、2013年 母子愛育会総合母子保健センター所長。専門領域は周産期医学、母子保健。

インターネットには医療に関する情報があふれています。そのなかから自分が知りたい信頼出来る情報を得るのはとても難しいことです。同じ疾患であっても、症状の強さやこれまでの経過、さらには年齢、体格などによって、医学的対応や治療が異なります。
Open Doctorsでは医師が多くの症例の経過や治療を具体的に提示して、わかりやすく解説しています。患者さんは自分の症状や経過と重ね合わせながら、自分に合った治療を考え、選択することができます。これは、医師と患者さんとのコミュニケーション・ツールとして大変有用であると思います。
今後は読者の要望に応じて提示する症例を増やしていくこともできるでしょう。Open Doctorsが読者の病気に対する悩み解消に役立つことを祈念しています。

続きを読む

賛同医師 谷口 清州先生の写真

国立病院機構三重病院 臨床研究部長

谷口 清州先生

1984年三重大学医学部卒業後、同大学小児科学教室入局。その後関連病院の小児科勤務を経て、1996年国立感染症研究所感染症情報センター主任研究官。2000年世界保健機関(WHO) 、2002年国立感染症研究所感染症情報センター室長、2013年より現職。専門は小児感染症学、感染症疫学。

病気になれば誰もが心配になりますが、その主な理由はわからないことがいろいろあるということだろうと思います。
もちろん担当医から説明を聞かれるものと思いますが、いきなりの病名で、初めて聞くような言葉もたくさんあって、聞いてもよくわからないということかもしれません。

このOpen Doctorsでは、ある病気について、通常はどのような症状があって、どのような検査によって診断にたどり着き、そしてそれらの標準的な治療はどういうものなのかということを、漫画やコラム、症例などいろいろな方法で紹介しています。
人間はひとりひとりが異なりますので、必ずしもすべて当てはまるわけではないと思いますが、少なくとも、そういう知識をもって医療機関を受診されれば、医師のお話もわかりやすくなるだろうと思います。
Open Doctorsが読者の病気に対する理解を助けてくれることを期待しています。

続きを読む

Open Doctorsは病気についての正しい知識をやさしい言葉で紹介。お医者さんとの間にある情報の差を解消することで、あなたの意思決定を支援します。

produced by
市民・患者のための健康・医療コミュニケーション学会